概要

CiscoルータにIPv6アドレスを手動で設定します。設定するIPv6アドレスは、リンクローカルユニキャスト、グローバルユニキャスト、ユニークローカルユニキャストアドレスの3種類のユニキャストアドレスです。そして、showコマンドで設定したIPv6アドレスを確認します。

ネットワーク構成

以下のネットワーク構成のR1にIPv6アドレスを設定します。

設定するIPv6アドレスは以下の通りです。

インタフェースIPv6アドレス
Fa0/0リンクローカルアドレスのみ
Fa0/12001:1:2:3::1/64
Se1/02001:10:20:30::1/64
FD00:10:20:30::1/64
表 設定するIPv6アドレス

リンクローカルアドレスとして、3つのインタフェース共通でFE80::1を設定します。

IPv6アドレスの設定

Fa0/0のIPv6アドレスの設定

Fa0/0にはリンクローカルアドレスのみ設定します。Fa0/0のインタフェースコンフィグレーションモードでipv6 enableコマンドを入力します。

R1

interface FastEthernet0/0
 ipv6 enable
 no shutdown

show ipv6 interface briefコマンドを見ると、リンクローカルアドレスが自動的に割り当てられています。

R1

R1#show ipv6 interface brief
FastEthernet0/0            [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:0
FastEthernet0/1            [administratively down/down]
Serial1/0                  [administratively down/down]
Serial1/1                  [administratively down/down]
Serial1/2                  [administratively down/down]

自動的に割り当てられているリンクローカルアドレスのインタフェースIDは、Fa0/0のMACアドレスから生成されています。

Fa0/1のIPv6アドレスの設定

Fa0/1には、グローバルユニキャストアドレスを設定します。Fa0/1のインタフェースコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

R1

interface FastEthernet0/1
 ipv6 address 2001:1:2:3::1/64
 no shutdown

show ipv6 interface briefコマンドを見ると、Fa0/1にはグローバルユニキャストアドレスだけでなく、リンクローカルアドレスも割り当てられています。

R1

R1#show ipv6 interface brief
FastEthernet0/0            [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:0
FastEthernet0/1            [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:1
    2001:1:2:3::1
Serial1/0                  [administratively down/down]
Serial1/1                  [administratively down/down]
Serial1/2                  [administratively down/down]
Serial1/3                  [administratively down/down]

ipv6 enableコマンドがなくても、グローバルユニキャストアドレスを設定することで自動的にリンクローカルアドレスも割り当てられることがわかります。

Se1/0のIPv6アドレスの設定

Se1/0にグローバルユニキャストアドレスとユニークローカルアドレスの2つのIPv6アドレスを設定します。

R1

interface Serial1/0
 ipv6 address 2001:10:20:30::1/64
 ipv6 address FD00:10:20:30::1/64
 no shutdown
 no keepalive

Se1/0の先には何も接続していません。no keepaliveで、Se1/0の先に何も接続していなくてもup/upになるようにしています。

show ipv6 interface briefコマンドを見ると、Se1/0にはグローバルユニキャストアドレスもユニークローカルアドレスも設定されています。IPv6では、1つのインタフェースに対してアドレスが1つだけではありません。

また、リンクローカルアドレスも自動的に割り当てられていてFa0/0のものと同じです。Se1/0にはMACアドレスがありません。Ciscoの実装では、MACアドレスがないインタフェースの場合、最初のイーサネットインタフェースのMACアドレスからインタフェースIDを生成します。

R1

R1#show ipv6 interface brief
FastEthernet0/0            [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:0
FastEthernet0/1            [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:1
    2001:1:2:3::1
Serial1/0                  [up/up]
    FE80::C001:8FF:FE28:0
    2001:10:20:30::1
    FD00:10:20:30::1
Serial1/1                  [administratively down/down]
Serial1/2                  [administratively down/down]
Serial1/3                  [administratively down/down]

リンクローカルアドレスの設定

デフォルトの自動的に割り当てられるリンクローカルアドレスはとてもわかりづらいアドレスです。Fa0/0、Fa0/1、Se1/0に共通して、わかりやすいリンクローカルアドレスFe80::1を設定します。

R1

interface FastEthernet0/0
 ipv6 address FE80::1 link-local
!
interface FastEthernet0/1
 ipv6 address FE80::1 link-local
!
interface Serial1/0
 ipv6 address FE80::1 link-local

show ipv6 interface briefを見ると、共通のリンクローカルアドレスが設定されていることがわかります。

R1

R1#show ipv6 interface brief
FastEthernet0/0            [up/up]
    FE80::1
FastEthernet0/1            [up/up]
    FE80::1
    2001:1:2:3::1
Serial1/0                  [up/up]
    FE80::1
    2001:10:20:30::1
    FD00:10:20:30::1
Serial1/1                  [administratively down/down]
Serial1/2                  [administratively down/down]
Serial1/3                  [administratively down/down]

設定と確認コマンドのまとめ

ここまでのR1のIPv6アドレスの設定をまとめると、以下の通りです。

R1

interface FastEthernet0/0
 ipv6 address FE80::1 link-local
 ipv6 enable
!
interface FastEthernet0/1
 ipv6 address FE80::1 link-local
 ipv6 address 2001:1:2:3::1/64
!
interface Serial1/0
 ipv6 address FE80::1 link-local
 ipv6 address 2001:10:20:30::1/64
 ipv6 address FD00:10:20:30::1/64

show ipv6 interface brief

show ipv6 interface briefコマンドでIPv6アドレスの一覧を確認すると、次のようになります。

R1

R1#show ipv6 interface brief
FastEthernet0/0            [up/up]
    FE80::1
FastEthernet0/1            [up/up]
    FE80::1
    2001:1:2:3::1
Serial1/0                  [up/up]
    FE80::1
    2001:10:20:30::1
    FD00:10:20:30::1
Serial1/1                  [administratively down/down]
Serial1/2                  [administratively down/down]
Serial1/3                  [administratively down/down]

show ipv6 interface

show ipv6 interfaceコマンドは、IPv6についての詳細がわかります。

R1

R1#show ipv6 interface
FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::1
  No Virtual link-local address(es):
  No global unicast address is configured
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::1:FF00:1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
FastEthernet0/1 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::1
  No Virtual link-local address(es):
  Global unicast address(es):
    2001:1:2:3::1, subnet is 2001:1:2:3::/64
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::1:FF00:1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
Serial1/0 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::1
  No Virtual link-local address(es):
  Global unicast address(es):
    2001:10:20:30::1, subnet is 2001:10:20:30::/64
    FD00:10:20:30::1, subnet is FD00:10:20:30::/64
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::1:FF00:1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds

show ipv6 route

IPv6ルーティングテーブルを見ると、グローバルユニキャストアドレス/ユニークローカルユニキャストのプレフィクスがDirectly Connectedで登録されています。また、/128のホストルートもローカルルートとして登録されています。

R1

R1#show ipv6 route
IPv6 Routing Table - 7 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route, M - MIPv6
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
       D - EIGRP, EX - EIGRP external
C   2001:1:2:3::/64 [0/0]
     via ::, FastEthernet0/1
L   2001:1:2:3::1/128 [0/0]
     via ::, FastEthernet0/1
C   2001:10:20:30::/64 [0/0]
     via ::, Serial1/0
L   2001:10:20:30::1/128 [0/0]
     via ::, Serial1/0
C   FD00:10:20:30::/64 [0/0]
     via ::, Serial1/0
L   FD00:10:20:30::1/128 [0/0]
     via ::, Serial1/0
L   FF00::/8 [0/0]
     via ::, Null0

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索