概要

Cisco Packet Tracerを利用して、ルータやスイッチの設定を行うに当たって、ネットワークトポロジの作成について解説します。

利用できる機器

Cisco Packet Tracerでネットワークトポロジを作成するときに利用できる機器は、ウィンドウの下側にまとめられています。ウィンドウ下部の機器のカテゴリとサブカテゴリを選ぶと、利用可能な機器のアイコンが表示されます。

ネットワークトポロジの作成手順

ネットワークトポロジの作成手順は、基本的には以下の通りです。

Step1:機器の配置
ルータやスイッチ、PCなどの機器をワークスペースに配置します。
Step2:リンクの作成
配置した機器のインタフェース同士を接続してリンクを作成します。
Step3:トポロジの保存
作成したネットワークトポロジを保存します。

Step1:機器の配置

利用したい機器のアイコンをクリックして、さらにワークスペース上でクリックするとその機器を配置できます。

機器の配置は、アイコンをワークスペースにドラッグ&ドロップしても可能です。

ワークスペース上に必要なだけ、利用したい機器を配置してください。また、ワークスペースに配置すれば、機器は電源が入っている状態になっています。

ホスト名/表示名の変更

ワークスペースに配置した機器は、自動的にホスト名や表示名がつけられています。機器をクリックして[Config]タブからホスト名や表示名を変更することができます。

機器の削除

ワークスペースに配置した機器を削除するには、機器をクリックして[DEL]キーです。そして、確認ダイアログの[Delete]をクリックすると、機器が削除されます。

Step2:リンクの作成

配置した機器間のリンクを作成します。リンクを作成するには、ウィンドウ下部のカテゴリ[Connections]→サブカテゴリ[Connections]を選んで、リンクを形成するためのケーブル(伝送媒体)をクリックします。すると、ワークスペース上でマススカーソルがケーブルの形に変わります。

そして、接続したい機器をクリックするとインタフェースが表示されるので、適切なインタフェースを選択します。リンクのもう一端でも同様にリンクを形成したいインタフェースを選択すればOKです。

リンクはアップしていると緑色で表示されます。リンクがダウンしていると赤色で表示されます。Ciscoルータは、デフォルトでインタフェースがシャットダウンされています。そのため、リンクをアップさせるには、コマンドラインからno shutdownコマンドが必要です。また、イーサネットのUTPケーブルの場合、クロスケーブルとストレートケーブルを正しく使い分けないとリンクがアップしないので注意してください。

リンクの再接続と削除

リンクを再接続するときには、三角形の部分をクリックしてください。すると、接続する前の状態に戻りるので新しい接続先を選択してください。

リンクを削除するときには、メニューの[Delete]をクリックすると削除モードになります。その状態でリンクをクリックすると削除されます。

Step3:トポロジの保存

作成したネットワークトポロジを保存するには、メニューから[File]→[Save]をクリックしてください。「.pkt」という拡張子のファイルで保存されます。

CLIの利用

ルータやスイッチのCLIは、機器をクリックして[CLI]タブから利用できます。

また、PCからPingなどのコマンドを実行するにはPCをクリックして、[Desktop]タブ内の[Command Prompt]をクリックします。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索