GCP利用登録の流れ

GCPの利用登録はとても簡単です。ぜひ、GCPを使ってみましょう。GCPの利用登録の流れは以下の通りです。

Step1: GCP Webサイトから[無料で開始]をクリック
Step2: 利用するGoogleアカウントの選択
Step3: 本人確認 SMSメッセージ認証
Step4: 支払い情報の確認

これらのGCP利用登録の流れについて、スクリーンショットをまじえて解説します。

GCP利用に必要なモノ

GCPを利用するためには、以下が必要です。事前に準備してください。

  • Googleアカウント
  • 利用可能なクレジットカード
  • 利用可能な電話番号
  • インターネット環境/Webブラウザ

Googleアカウント

@gmail.comのGmailアカウントがあればOKです。なお、独自ドメインのアカウントを利用するには、G Suite/Cloud Identityアカウントが必要です。個人の検証目的でGCPを利用するなら、普段使っているGmailアカウントでよいでしょう。

利用可能なクレジットカード

本に確認と支払い情報の設定で必要です。無料期間や無料枠の範囲で利用しているときには、課金されることはありません。

利用可能な電話番号

本人確認のためにSMSメッセージ認証を行っています。SMSメッセージを受信できる電話番号を準備してください。

インターネット環境/Webブラウザ

GCPでリソースを作成したり管理したりするには、基本的にはWebブラウザを利用します。Webブラウザとインターネット接続環境が必要です。

Step1: GCP Webサイトから[無料で開始]をクリック

まず、GCP Webサイトにアクセスします。

[無料で開始]または[無料で使ってみる]をクリックします。

Step2: 利用するGoogleアカウントの選択

利用するGoogleアカウントを選択します。利用規約にチェックを入れてください。[続行]で次のステップに進みます。

Step3: 本人確認 SMSメッセージ認証

SMSを利用した本人確認を行います。SMSを受信できる電話番号を入力して、[コードを送信]をクリックします。

SMSメッセージが送られてくるので、コードを入力して[確認]をクリックします。

Step4: 支払い情報の確認

アカウントの種類を選択します。ここでは、[個人]とします。複数のユーザを設定するためにはビジネスアカウントとします。支払い情報としてクレジットカード情報を登録して[無料トライアルを開始]をクリックすれば利用登録は完了です。

お疲れ様です。これでGCPを利用できるようになりました。管理画面(Cloud Console)からGCPのリソースの作成などいろいろと試してみましょう。

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索