広域イーサネットとは

広域イーサネットとは、IP-VPNと並んで企業の拠点間を接続するためによく利用されているWANサービスです。ユーザ側から見ると広域イーサネットのネットワークは、巨大なレイヤ2スイッチとして考えればOKです。各拠点のネットワークを広域イーサネットにつなぎ込むことは、巨大なレイヤ2スイッチにつないでいることになります。レイヤ2スイッチに接続しているので、拠点のルータ間は同一ネットワークで、自由に通信できます。つまり、広域イーサネットもIP-VPNと同様にメッシュ型WANサービスです。

図 広域イーサネットは巨大なレイヤ2スイッチ
図 広域イーサネットは巨大なレイヤ2スイッチ

このページでは、広域イーサネットの特徴として、以下の3点について解説します。

  • イーサネットインタフェースで接続できる
  • レイヤ2のWANサービスである
  • ユーザ側のルーティングを自由に設定できる

イーサネットインタフェースでWANに接続できる

広域イーサネットのサービスが開始されたのは、IP-VPNと同じ時期で2000年ごろです。その当時のセールスポイントの1つが「安価なイーサネットインタフェースでWANに接続できる」ということです。

広域イーサネットが登場するまでWANに接続するには、シリアルインタフェースやATMインタフェースなどのインタフェースを利用しなければいけませんでした。イーサネットインタフェースに比べると、これらのインタフェースは高価です。そして、こうしたインタフェースを搭載しているのはルータです。WANにつなぐには、接続したいWANサービスに応じたシリアルインタフェースなどを搭載しているルータを使う必要がありました。

広域イーサネットが登場してきて、イーサネットは「LANを構築する技術」から、「LANでもWANにつなぐためにも使える汎用的な技術」になっています。

図 イーサネットインタフェースで接続
図 イーサネットインタフェースで接続
今では、広域イーサネットだけではなく、IP-VPNや専用線にもイーサネットインタフェースで接続できるようになっています。
図のルータとWANサービスのネットワーク間の接続は簡略化しています。

イーサネットインタフェースで接続できることから、ルータではなくレイヤ2スイッチで広域イーサネットに接続することも可能です。すると、拠点をまたがって1つのイーサネットネットワークとすることも可能です。

図 拠点をまたがって同一ネットワークにもできる
図 拠点をまたがって同一ネットワークにもできる

ただ、このような拠点をまたがった1つのイーサネットネットワークの構成はやめたほうがいいです。ブロードキャストやマルチキャストがフラッディングされるので、広域イーサネットに余計なデータが流れていってしまいます。広域イーサネットに接続するときにもルータを利用して、他の拠点に余計なブロードキャスト/マルチキャストがフラッディングされないようにしたほうがよいです。

レイヤ2のWANサービスである

広域イーサネットは、レイヤ2のWANサービスでユーザのイーサネットフレームを転送します。ユーザのある拠点から送り出されたイーサネットフレームは、広域イーサネットを通じて、適切な拠点まで送り届けられるようになります。広域イーサネットのサービスによっては、VLANタグもそのままで転送できます。

図 レイヤ2のWANサービス イーサネットフレームを転送
図 レイヤ2のWANサービス イーサネットフレームを転送

ユーザ側のルーティングを自由に設定できる

広域イーサネットの接続は、レイヤ2スイッチで接続しているのと同等です。そのため、ルーティングを行うときには、通信キャリアは意識せずに、ユーザ拠点のルータ間で考えます。ユーザ拠点のルータ間でルーティングテーブルを作り上げるために、ルーティングプロトコルを自由に選択できます。RIPでもOSPFでもCisco独自のEIGRPでも何でもOKです。

ただ、「自由に設定できる」ということは、自分できちんと考えてルーティングの設定をしなければいけないということです。ルーティングの設定をあれこれ考える手間をかけたくないなら、IP-VPNのほうがよいでしょう。

図 広域イーサネットでのルーティングの概要
図 広域イーサネットでのルーティングの概要

図のルーティングテーブルは、他の拠点のルート情報のみを表しています。各拠点内のルート情報は省略しています。

広域イーサネットのポイント

広域イーサネットのポイント
  • 広域イーサネットのネットワークは、利用するユーザ側から見るとレイヤ2スイッチと考えればOK。
  • レイヤ2スイッチに接続するのでイーサネットインタフェースでOKで、メッシュ型の通信ができる
  • ある拠点から送り出されたイーサネットフレームは、広域イーサネットによって適切な拠点まで送り届けられる
  • ルーティングの設定は、ルーティングプロトコルを自由に使ってユーザ側できちんと行わなければいけない

関連記事