IEEE802.11フレーム種類

ノイズの影響を受けやすく、複数のデバイスで競合するような無線LANの通信を制御するために、複数のフレーム種類が定義されています。IEEE802.11では、以下の4つのフレーム種類を定義しています。

  • Managementフレーム
  • Controlフレーム
  • Dataフレーム
  • Extensionフレーム

こうしたフレームの種類は、802.11 MACヘッダ内のFrame Controlでわかります。Frame Control内の2ビットのTypeフィールドと4ビットのSubtypeフィールドで、フレームの種類を表しています。

表 フレーム種類を示す Typeと Subtype
表 フレーム種類を示す Typeと Subtype

Typeの値とフレームの種類について、以下の表にまとめています。

フレーム種類ビット用途
Management00APを発見してBSS(Basic Service Set)に参加するために利用します。
Control01送信が成功したことを確認し、無線媒体を確保するために利用します。
Data10上位レイヤーのMSDUを転送します。
Extension11802.11adで利用します。
表 Frame ControlのTypeとフレーム種類

フレーム種類ごとのSubtype

Management/Control/DataフレームのSubtypeは、以下の表のように定義されています。

Managementフレーム(Type=00)のSubtype

Subtypeの値Subtypeの名前
0000Association request
0001Association response
0010Reassociation request
0011Reassociation response
0100Probe request
0101Probe response
1000Beacon
1001Announcement traffic indication message (ATIM)
1010Disassociation
1011Authentication
1100Deauthentication
1101Action
表 ManagementフレームのSubtype

Controlフレーム(Type=01)のSubtype

Subtypeの値Subtypeの名前
1000Block Acknowledgement Request (QoS)
1001Block Acknowledgment (QoS)
1010Power Save (PS) -Poll
1011RTS
1100CTS
1101Acknowledgement (ACK)
1110Contention-Free(CF)-End
1111CF-End+CF-Ack
表 ContorolフレームのSubtype

Dataフレーム(Type=10)のSubtype

Subtypeの値Subtypeの名前
0000Data
0001Data+CF-Ack
0010Data+CF-Poll
0011Data+CF-Ack+CF-Poll
0100Null data (no data transmitted)
0101CF-Ack (no data transmitted)
0110CF-Poll (no data transmitted)
0111CF-Ack+CF-Poll (no data transmitted)
1000QoS Data
1001QoS Data + CF-Ack
1010QoS Data + CF-Poll
1011QoS Data + CF-Ack + CF-Poll
1100QoS Null (no data transmitted)
1101QoS CF-Ack (no data transmitted)
1110QoS CF-Poll (no data transmitted)
1111QoS CF-Ack+CF-Poll (no data transmitted)
表 DataフレームのSubtype

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索