IPアドレスの設定

CiscoルータのインタフェースにIPアドレスを設定するには、該当のインタフェースのコンフィグレーションモードで以下のコマンドを利用します。

(config-if)#ip address <ip-address> <subnetmask> [secondary]

<ip-address> : IPアドレス
<subnetmask> : サブネットマスク

このコマンドでインタフェースにIPアドレスを設定すると、そのインタフェースはネットワークを接続していることになります。なお、ルータのインタフェースはデフォルトでshutdownされているので、no shutdownも忘れないようにしてください。

セカンダリIPアドレス

また、通常、インタフェースにはIPアドレスを1つのみ設定しますが、secondaryのオプションを付けることによって、1つのインタフェースに複数のIPアドレスを設定することもできます。通常の設定のIPアドレスはプライマリIPアドレスと呼ぶことがあります。secondaryのオプションを使って、1つのインタフェースに複数のIPアドレスを設定した場合の動作は次のようになります。

  • パケットの受信:宛先IPアドレスが設定したIPアドレスとなっているパケットをすべて受信します。
  • パケットの送信:インタフェースから送信するパケットの送信元IPアドレスはプライマリIPアドレスです。
図 セカンダリIPアドレス

ip unnumbered ~IPアドレスの使い回し~

ルータは複数のインタフェースを持ち、インタフェースにIPアドレスを設定することで複数のネットワークを相互接続して、IPパケットを送受信できるようになります。IPの通信を行うためには、インタフェースに必ずIPアドレスが必要です。
IPアドレスは原則として、インタフェースごとにユニークにしなければいけません。ただ、主に専用線などのポイントツーポイント(1対1)のインタフェースで例外的に他のインタフェースのIPアドレスと重複させることができます。そのために、ip unnumberedの設定を行います。

ip unnumberedの設定によって、他のインタフェースのIPアドレスを使いまわして、IPアドレスを節約できます。ip unnumberedの設定は以下のコマンドを利用します。

(config-if)#ip unnumbered <interface>

<interface> : 使いまわしたいIPアドレスを持つインタフェース名

次の図は、ip unnumberedの設定の例です。

図 ip unnumbered

R1とR2はポイントツーポイントインタフェースのSe0/0で接続されています。R1のSe0/0に個別のIPアドレスを設定する代わりに、Fa0/0のIPアドレスである192.168.1.1を使いまわすために、Se0/0で以下の設定を行っています。

R1
——————————-
interface serial 0/0
 ip unnumbered FastEthernet0/0
——————————-

すると、Se0/0のIPアドレスもFa0/0と同じ192.168.1.1となります。R1のSe0/0からIPパケットを送信するときには、Fa0/0のIPアドレスである192.168.1.1が送信元IPアドレスとなります。

なお、ip unnumberedの設定自体はイーサネットなどのポイントツーポイントインタフェース以外でも指定可能です。ただし、その場合、アドレス解決が正常にできずに通信ができなくなる可能性があります。