ネットワークを構成する機器

ネットワークは主にネットワーク機器で構成されています。代表的なネットワーク機器が次の3つです。

  • レイヤ2スイッチ
  • ルータ
  • レイヤ3スイッチ

これらのネットワーク機器は以下のようなアイコンで表すことが多くなっています。


主なネットワーク機器のアイコン

ネットワークの仕組みを学ぶには、この3種類のネットワーク機器の役割や動作の仕組みをしっかりと把握しておきましょう。

  • 他にもたくさんのネットワーク機器があります。この3つは、現在主流のイーサネットを利用したTCP/IPネットワークを構成するためのネットワーク機器です。

ネットワーク機器には、機器同士を接続するためのネットワークのインタフェースが備わっています。「インタフェース」は境界という意味で、機器とネットワークの境界に当たります。インタフェースのことを「ポート」と称することも多いです。

  • ルータの場合は「インタフェース」と呼ぶことが多いのですが、レイヤ2スイッチやレイヤ3スイッチでは、「ポート」と呼ぶことが多いです。ただ、呼称の使い分けに決まった基準はありません。インタフェースもポートも同じ意味と考えて差し支えありません。

一番よく利用しているネットワークのインタフェースはイーサネットのインタフェースです。

イーサネットのインタフェースの例

インタフェース同士をつなげてネットワークを作る

ネットワークを作るには、ネットワーク機器のインタフェース同士を伝送媒体でつなげていきます。インタフェース同士のつながりのことを「リンク」と呼びます。PC/サーバなどをネットワークに接続するときには、PC/サーバのインタフェースとネットワーク機器のインタフェースをつなげてリンクを作ります。

  • さらに通信を行うためにはPC/サーバにIPアドレスの設定もしなければいけません。

ネットワークのインタフェースにはWi-Fiなど無線のインタフェースもあります。無線のネットワークインタフェースは機器の外部からは見えません。無線を利用するときには、無線のインタフェース同士でリンクを形成します。次の図は、ネットワークの具体的な構成例です。

ネットワークの具体的な構成例

当然ながら、ネットワーク機器のインタフェースを適当につなげていっても、ネットワークは作れません。どんな通信をするためのネットワークなのかを考えて、そのために適切な機器の組み合わせを決めていかなければいけません。このプロセスが「ネットワークの設計」にあたります。

ポイント
  • ネットワークはレイヤ2スイッチ、ルータ、レイヤ3スイッチなどのネットワーク機器で構成する
  • ネットワーク機器のインタフェース同士をつなげてリンクを構成することがネットワークを作ること

ネットワークの表現

ネットワークを表現するときに、いちいちネットワーク機器同士のリンクをかいていくのは手間がかかります。そこで、ネットワークを表現するときには、シンプルにクラウドのアイコンを使うことがよくあります。クラウドのアイコンで、ネットワークの具体的な構成を抽象化して表現しています。

ただ、クラウドのアイコンで表現しているネットワークがどんなものであるかが前後の文脈によって違ってくることに注意が必要です。小規模な家庭内ネットワークからインターネットのような巨大なネットワークまでさまざまなネットワークをクラウドのアイコンで表現しています。

ネットワークの表現の例
  • クラウドのアイコンで「インターネット」をイメージする方が多いようですが、必ずしもインターネットだけとは限りません。
  • クラウドのアイコンではなくて、楕円のアイコンでネットワークを表現することもあります。大事なことは、「ネットワークはしばしば抽象化されて表現される」ということです。
ポイント
  • ネットワークはクラウドのアイコンで抽象化して表現する
  • 前後の文脈でクラウドのアイコンが示す具体的なネットワークはずいぶんと違ってくるので要注意