LinuxでのTCP/IP設定の確認

Windows OSでは、ipconfigコマンドでIPアドレスをはじめとするTCP/IPの設定を確認することができます。Linuxでは、いくつかのコマンドを組み合わせて正しくTCP/IPの設定がされていることを確認します。

コマンドと確認できる内容を以下の表にまとめています。

確認内容 コマンド
IPアドレス/サブネットマスク
MACアドレス
ifconfig
ip addr show
デフォルトゲートウェイ ip route show
DNSサーバのIPアドレス systemd-resolve –status

以降、コマンドの概要とサンプルについて解説します。

コマンドのログはUbuntu 18.04.3 LTSで取得しているものです。

Windowsのifconfigコマンドについては、以下の記事をご覧ください。


IPアドレス/サブネットマスク、MACアドレスの確認

ifconfig

LinuxでIPアドレスを確認するためには、ターミナルからifconfigコマンドを利用します。ifconfigコマンドはIPアドレスだけでなく、MACアドレスもわかります。

gene@ubuntu:~$ ifconfig
ens33: flags=4163  mtu 1500
        inet 192.168.1.194  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
        inet6 fe80::8f2:65d7:6b13:ae31  prefixlen 64  scopeid 0x20
        ether 00:0c:29:af:c5:51  txqueuelen 1000  (イーサネット)
        RX packets 472399  bytes 47229895 (47.2 MB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 2438  bytes 230150 (230.1 KB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

lo: flags=73  mtu 65536
        inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
        inet6 ::1  prefixlen 128  scopeid 0x10
        loop  txqueuelen 1000  (ローカルループバック)
        RX packets 635  bytes 49330 (49.3 KB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 635  bytes 49330 (49.3 KB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

ifconfigコマンドがインストールされていない場合があります。その場合は、以下のコマンドでifconfigコマンドをインストールします。

$ sudo apt install net-tools

ip addr show

または、ip addr showコマンドでもIPアドレスとMACアドレスがわかります。

gene@ubuntu:~$ ip addr show
1: lo:  mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens33:  mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:af:c5:51 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.194/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic noprefixroute ens33
       valid_lft 86118sec preferred_lft 86118sec
    inet6 fe80::8f2:65d7:6b13:ae31/64 scope link noprefixroute 
       valid_lft forever preferred_lft forever
「ip addr show」は「ip a」だけで省略して実行できます。

デフォルトゲートウェイの確認

デフォルトゲートウェイは、ip route showコマンドで確認します。「default」が「0.0.0.0/0」すなわちデフォルトルートを表していて、「via」のあとのIPアドレスがデフォルトゲートウェイのIPアドレスです。

gene@ubuntu:~$ ip route show
default via 192.168.1.1 dev ens33 proto dhcp metric 100 
169.254.0.0/16 dev ens33 scope link metric 1000 
192.168.1.0/24 dev ens33 proto kernel scope link src 192.168.1.194 metric 100 
「ip route show」は「ip r」だけで省略して実行できます。

DNSサーバの確認

DNSサーバのIPアドレスはsystemd-resolv –statusコマンドで確認します。

gene@ubuntu:~$ systemd-resolve --status
Global
          DNSSEC NTA: 10.in-addr.arpa
~省略~

Link 2 (ens33)
      Current Scopes: DNS
       LLMNR setting: yes
MulticastDNS setting: no
      DNSSEC setting: no
    DNSSEC supported: no
         DNS Servers: 8.8.8.8