TCP/IPの階層

TCP/IPはさまざまなプロトコルを以下の4階層の階層構造で定義しています。

  • アプリケーション層
  • トランスポート層
  • インターネット層
  • ネットワークインタフェース層

アプリケーション層は、アプリケーションのデータのフォーマットやデータの転送の手順などを決めるプロトコルが含まれています。そして、トランスポート層はアプリケーションへのデータの振り分けが主な役割です。インターネット層は、アプリケーションが動作しているホスト間のデータの転送を行うためのプロトコルが含まれています。

ネットワークインタフェース層は、ホストが接続しているネットワークへデータを物理的な信号に変換して送り出すためのプロトコルが含まれます。ネットワークインタフェース層のプロトコルはTCP/IPで固定的に決められているわけではなく、自由に選んで利用できます。TCP/IPでは、インターネット層からアプリケーション層の3つの階層のプロトコルを定義しています。

次の図は、TCP/IPの階層の役割と階層に含まれる主なプロトコルです。

図 TCP/IPの階層の役割

階層の役割通りとは限らない

ただ、注意が必要なことは、各階層のプロトコルは必ずしも階層の役割通りのものとは限らないことです。特にアプリケーション層に位置するプロトコルは、必ずしもアプリケーションで扱うデータのフォーマットなどを決めているものではありません。

たとえば、アプリケーション層のDHCP、DNS、BGP、RIPなどは、普段、私たちが触れるWebブラウザなどのアプリケーションとは直接関係ありません。

TCP/IPのさまざまなプロトコルは、大きく3つにわけて考えるとわかりやすくなります。関連記事「プロトコルの分類 ~3つにわけて考えればスッキリ~」