interface rangeコマンド

interface rangeコマンドによって、複数のインタフェースに一括して設定を行うことができます。特にスイッチはたくさんのインタフェースを持ち、複数のインタフェースに同じ設定を行うことが多いので、interface rangeコマンドが便利です。

interface rangeコマンドのフォーマット

連続したインタフェースを一括で設定するときのinterface rangeコマンドのフォーマットは次のように<port>の範囲を「-」(ハイフン)で指定します。

(config)#interface range <interface-type> <slot>/<port > – <port>
(config-if-range)#

連続しない複数のインタフェースを一括で設定するためには、「,」(カンマ)で区切って指定します。「,」で区切ったあとは<interface-type>から指定しないといけません。

(config)#interface range <interface-type> <slot>/<port > , <interface-type> <slot>/<port >

「-」の連続したインタフェースと、「,」の連続しないインタフェースの指定を組み合わせることもできます。

interface rangeコマンドの例

以下は、GigabitEthernet0/1からGigabitEthernet0/3とGigabitEthernet0/5に一括でshutdownコマンドを入力している例です。

Switch(config)#interface range GigabitEthernet 0/1-3, GigabitEthernet 0/5
Switch(config-if-range)#shutdown 
Switch(config-if-range)#do show run int gi 0/1
Building configuration...

Current configuration : 48 bytes
!
interface GigabitEthernet0/1
 shutdown
end

Switch(config-if-range)#do show run int gi 0/2
Building configuration...

Current configuration : 48 bytes
!
interface GigabitEthernet0/2
 shutdown
end

Switch(config-if-range)#do show run int gi 0/3
Building configuration...

Current configuration : 48 bytes
!
interface GigabitEthernet0/3
 shutdown
end

Switch(config-if-range)#do show run int gi 0/5
Building configuration...

Current configuration : 48 bytes
!
interface GigabitEthernet0/5
 shutdown
end