terminal monitorコマンドとは

デフォルトでは、Telnet/SSHでCisco機器にログインしたときに、その機器のログメッセージは表示されません。Telnet/SSHでログインした先のCisco機器のログを表示するためには、特権EXECモードでteminal monitorコマンドを入力します。

terminal monitorコマンド

#terminal monitor

図 terminal monitorコマンド
図 terminal monitorコマンド

terminal monitorコマンドの例

以下は、terminal monitorコマンドの簡単な例です。

terminal monitorがないとき

R1からR2(192.168.12.2)へTelnetして、R2のSe0/0をshutdown→no shutdownしています。そのとき、インタフェースの状態についてのログが表示されません。

R1#telnet 192.168.12.2
Trying 192.168.12.2 ... Open


User Access Verification

Password:
R2>enable
Password:
R2#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
R2(config)#interface serial 0/0
R2(config-if)#shutdown
R2(config-if)#no shutdown

terminal monitorを入力したとき

R1からTelnetでR2にログインしたあと、terminal monitorコマンドを入力してからSe0/0をshutdown→no shutdownします。すると、インタフェースの状態についてのログが表示されるようになります。

R1#telnet 192.168.12.2
Trying 192.168.12.2 ... Open


User Access Verification

Password:
R2>enable
Password:
R2#terminal monitor
R2#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
R2(config)#interface serial 0/0
R2(config-if)#shutdown
R2(config-if)#
*Mar  1 00:06:17.335: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial0/0, changed state to administratively down
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#
*Mar  1 00:06:25.983: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/0, changed state to up
R2(config-if)#
ログイン先のR2でlogging monitorコマンドが有効化されている必要があります。ただ、logging monitorコマンドはデフォルトで有効なので、特に明示的に設定しておく必要はありません。

関連記事