CLIの主なエラーメッセージ

CLIでコマンドを入力するときに、コマンドを間違えてしまったり、不完全だったりすると以下のようなエラーメッセージが表示されます。

表 コマンド入力時のエラーメッセージ

エラーメッセージ意味
% Ambiguous command.コマンドを一意に識別できない
% Incomplete command.入力したコマンドが不完全
% Invalid input detected at “^” marker.「^」の部分が間違っている
表 CLIの主なエラーメッセージ

% Ambiguous command.

「% Ambiguous command.」というエラーメッセージは、コマンドを一意に識別できない場合に表示されます。コマンドを省略形で入力する場合は、一意に識別できるところまで入力しなければいけません。

以下は、「% Ambiguous command.」のエラーメッセージが表示される例です。

R1#con t
% Ambiguous command:  "con t"

この例では、グローバルコンフィグレーションモードへ移行するために「conf t」と入力するつもりが「con t」と入力してしまっています。「con」ではじまるコマンドは複数あり、コマンドを一意に識別できません。このようなときに「% Ambiguous command.」が表示されます。

% Incomplete command.

「% Incomplete command.」というエラーメッセージは、入力したコマンドについて必要なパラメータの指定が不完全な場合に表示されます。指定するべきパラメータを確認してください。

以下は、「% Incomplete command.」のエラーメッセージが表示される例です。

R1(config)#interface FastEthernet 0/0
R1(config-if)#ip address
% Incomplete command.

R1(config-if)#

インタフェースにIPアドレスを設定するip addressコマンドは、IPアドレスとサブネットマスクの指定が必須です。ip addressだけ入力すると、パラメータの指定が不完全です。そのため「% Incomplete command.」と表示されます。コマンドで指定する必要なパラメータを確認するには、ヘルプを活用しましょう。

% Invalid input detected at “^” marker.

「% Invalid input detected at “^” marker.」というエラーメッセージは、主にコマンドのスペルミスのときに表示されます。コマンドのスペルが正しいかどうかを確認してください。

以下は、「% Invalid input detected at “^” marker.」が表示される例です。

R1(config)#enable secrt cisco
                      ^
% Invalid input detected at '^' marker.

この例では、特権EXCEモードのパスワードを設定するための「enable secret」コマンドのスペルが間違ってしまっています。間違っている箇所が「^」記号で示されています。「secret」のスペルを間違えて「secrt」としてしまっていることがわかります。

コマンドのスペルミスをしないようにするためには、コマンドの補完を活用しましょう。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索