設定を間違えたら・・・

Ciscoルータを設定していると、設定を間違えてしまうこともあります。また、これまでの設定が不要になってしまって、設定を削除したいことがあります。
グローバルコンフィグレーションモードなどのコンフィグレーションモードから入力した設定コマンドはrunning-configに追加されます。設定を間違えてしまった、または、これまでの設定が要らなくなったときなど、設定コマンドをrunning-configから削除します。

コマンドを削除するには、「no」をつける

running-configから設定コマンドを削除するときには、先頭に「no」をつけてコマンドを入力すればよいだけです。

次のrunning-configを抜粋した設定コマンドについて考えましょう。

図 running-configの例

running-configは、1行1行が設定コマンドとなっているテキストファイルです。設定コマンドはグローバルコンフィグレーションモードを起点としたさまざまなコンフィグレーションモードから入力するコマンドです。設定コマンドを削除するときには、どのコンフィグレーションモードの設定コマンドであるかがわかっていないといけません。

running-config上でインデントされていない行の設定コマンドは、グローバルコンフィグレーションモードの設定コマンドです。上記の例では「hostname Gene」がグローバルコンフィグレーションモードの設定コマンドです。

インデントされている設定コマンドは、その直前のコンフィグレーションモードの設定コマンドです。上記の例で「ip address 192.168.1.2 255.255.255.0」、「shutdown」、「duplex auto」、「speed auto」は、インデントされています。これらの設定コマンドは、直前のインデントされていない行である「interface FastEthernet0/0」、つまりFastEthernet0/0のインタフェースコンフィグレーションモードでの設定コマンドです。

削除したい設定コマンドを入力すべきコンフィグレーションモードまで移行して、先頭に「no」を付けて設定コマンドを入力すれば、削除されます。そして、削除した設定コマンドは、running-config上で次の3つのケースに分かれます。

  1. デフォルトの設定コマンドに置き換わる
  2. 先頭にnoがついた状態でrunning-config上に残る
  3. running-configから消える

図 running-configの例から、「hostname Gene」、「ip address 192.168.12.2 255.255.255.0」、「shutdown」の3つの設定コマンドを削除します。「hostname Gene」は1.のケース、「ip address 192.168.12.2 255.255.255.0」は2のケース、「shutdown」は3のケースの設定コマンドです。

「hostname Gene」はグローバルコンフィグレーションモードの設定コマンドなので、グローバルコンフィグレーションモードで「no hostname Gene」と入力します。

Gene#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Gene(config)#no hostname Gene
Router(config)#
「no hostname」だけで設定コマンドの削除はできます。削除するときにどこまでの設定パラメータを入力する必要があるかは、設定コマンドごとに異なります。削除のときにどこまでのパラメータを入力するかを覚えておくのは大変です。noをつけて削除したい行をすべて入力するのが確実です。

「ip address 192.168.12.2 255.255.255.0」、「shutdown」はFastEthernet0/0のインタフェースコンフィグレーションモードの設定コマンドなので、FastEthernet0/0のインタフェースコンフィグレーションモードから、先頭にnoをつけてコマンド入力します。

Router(config)#interface FastEthernet 0/0
Router(config-if)#no ip address 192.168.12.2 255.255.255.0
Router(config-if)#no shutdown
Router(config-if)#
「ip address 192.168.12.2 255.255.255.0」の設定コマンドは、「no ip address」だけで削除できます。

3つの設定コマンドを削除したあとのrunning-configは次のようになります。

図 running-configの例(設定コマンドの削除後)

また、入力した設定コマンドをすべて削除してCisco機器の設定を初期化するには、NVRAMのstartup-configを削除し機器を再起動すればOKです。startupc-configがない状態では、デフォルトの設定コマンドだけで起動することになります。

startup-configを削除して再起動するには、以下のように特権EXECモードでコマンドを実行します。

Router#erase startup-config
Erasing the nvram filesystem will remove all configuration files! Continue? [confirm]
[OK]
Erase of nvram: complete
Router#
*Mar  3 16:48:11.287: %SYS-7-NV_BLOCK_INIT: Initialized the geometry of nvram
Router#reload

System configuration has been modified. Save? [yes/no]:no
Proceed with reload? [confirm]

「System configuration has been modified. Save? [yes/no]」のメッセージは、「設定が変更されているので保存しますか?」という内容です。ここでyesを選択すると、running-configがstartup-configにコピーされてしまうので設定を初期化できません。

そして、「Proceed with reload? [confirm]」は再起動の最終確認です。[Enter]キーを押せば再起動します。

startup-configがない状態で起動すると、以下のようなメッセージが表示されます。

         --- System Configuration Dialog ---

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:

このメッセージは、「初期設定を行うためのダイアログ形式の設定モードに移行するか」という内容です。ダイアログ形式の設定モードは、あまり使うことはありません。通常のコマンドによる設定を行うために、noを入力します。

VLANに関する設定はstartup-configとは別ファイルです。そのため、VLANの設定を行っているときには、VLANの設定ファイル(vlan.dat)も削除しないと完全な初期化にはなりません。