Cisco機器の設定ファイルは2つ

Cisco機器の設定ファイルのポイント
  • 設定ファイルは「running-config」と「startup-config」の2つ
  • いずれも設定されているコマンドをリストしているテキストファイル
  • 設定の保存とは、「running-config」を「startup-config」にコピーすること

Cisco機器の設定情報は、以下の設定ファイルに保存されています。

  • running-config
  • startup-config

これらの設定ファイルは、Cisco機器に設定されている設定コマンドをテキストファイルとしてまとめています。次の出力例はrunning-configの一部です。

running-configの例

running-configには管理者が明示的に設定した設定コマンドもあれば、デフォルトで入っている設定コマンドもありますが、この出力の「1行、1行がそれぞれ設定コマンドである」ということをおさえておいてください。

  • show running-configコマンドでrunning-configの内容を表示できます。show startup-configコマンドでstartup-configの内容を表示できます。
  • 「!」はコメント行で、設定コマンドとして認識されません。デフォルトでは設定ファイルをみやすくするため、適当な間隔で「!」の行が追加されています。
  • デフォルトで入っている設定コマンドの中には、show running-configコマンドで表示されないものもあります。

running-configは現在稼働中の設定ファイルで、メモリ(DRAM)上にrunning-configのファイルが保存されています。入力したコマンドはrunning-configのファイルに反映され、running-configにしたがってCisco機器は動作しています。DRAMの内容は電源を切ると、削除されてしまうので、電源を切るとrunning-configのファイルは消えてしまいます。

そして、startup-configは、Cisco機器の起動時の設定ファイルです。電源を切っても内容が消えないNVRAM上にstartup-configは保存されています。Cisco機器が起動するときにNVRAMのstartup-configファイルをDRAMのrunning-configにコピーします。そのため、起動したときは、startup-configの内容の設定で動作していることになります。

「設定を保存する」とは「running-config」を「startup-config」にコピーすることです。running-configをstartup-configにコピーすれば、Cisco機器に対して設定した設定コマンドは再起動しても反映されています。

running-configとstartup-config