設定したら必ず確認

PCとCisco機器をコンソールケーブルで接続して、設定を行う手順は次のようになります。

  1. ターミナルソフトウェアから設定コマンドを入力する
  2. 設定したコマンドが意図したように動作していることを確認する
  3. 設定を保存する

ターミナルソフトウェアから設定コマンドを入力すると、コマンドはルータのコンソールポートへ送り込まれてコマンドが実行されます。入力したコマンドは、現在稼働中の設定ファイルのrunning-configに即座に反映され、それにしたがって動作します。

設定コマンドが即座にrunning-configに反映されて、その内容にしたがって動作するという仕様は危険な面もあります。間違った設定コマンドを実行すると、すぐにその設定コマンドが反映されて、機器へのアクセス自体ができなくなってしまうこともあるからです。設定コマンドを実行するときには、慎重に行ってください。

図 設定コマンドの入力

そして、重要なことは設定したコマンドが意図したように動作していることをしっかりと確認することです。設定コマンドを入力するだけではなく、動作をきちんと確認してはじめて設定作業が完了します。Cisco機器の動作や状態を確認するためにさまざまなshowコマンドなどの確認コマンドがあります。設定したコマンドの動作を確認するには、適切な確認コマンドを実行できるようになることが重要です。何らかの設定を行うときには、「設定したら動作を確認する」ということを常に心がけてください。

図 確認コマンドの入力

CCNA試験では、showコマンドの出力からその機器の状態を判断したり、設定ミスの内容を判断したりなどshowコマンドをいかに解釈するかという種類の問題が多く出題されます。設定したらきちんと確認することは、CCNA試験だけでなく実業務でもとても重要です。

以上のような、設定コマンドの入力→動作の確認というプロセスを必要なだけ繰り返します。そして、最後に設定の保存が必要です。入力したコマンドが反映されるrunning-configはメモリ上のファイルなので、電源を切ってしまうと消去されてしまいます。電源を切っても消去されないNVRAM上のstartup-configに設定を保存しなければいけません。ターミナルソフトウェアから設定の保存コマンド(copy running-config startup-config)を入力すると、running-configの内容がstartup-configにコピーされ、設定が保存されます。

図 設定の保存