BGPネイバーの状態

BGPネイバーの状態は、次の6つあります。

Idle

BGPプロセスの初期状態です。ネイバーとのTCP接続のプロセスを開始して、Connect状態に移行します。

Connect

ネイバーとのTCP接続が完了するのを待っている状態です。TCP接続を正常に確立できれば、BGP OPENメッセージを送信してOpenSent状態に移行します。もし、TCP接続を確立できなければActive状態に移行します。

Active

ネイバーとのTCP接続のプロセスの開始を試行している状態です。TCP接続が正常に確立されれば、OPENメッセージを送信してOpen Sent状態に移行します。TCP接続が確立できなければ再びConnect状態に戻ります。ネイバーから予期しないIPアドレスでTCP接続が行われるとActive状態のままでとどまります。

Active状態にとどまってしまう場合は、設定ミスがほとんどなのでネイバーの設定を確認してください。

OpenSent

OPENメッセージをネイバーに送信し、ネイバーからのOPENメッセージを待っている状態です。OPENメッセージを受け取るとその中身をチェックします。エラーがあればNOTIFICATIONメッセージを送信しIdle状態になります。エラーがなければKEEPALIVEメッセージを送信してホールドタイムをネゴシエーションします。また、ネイバーのAS番号からIBGPネイバーかEBGPネイバーが決められ、OpenConfirm状態に移行します。

OpenConfirm

KEEPALIVEメッセージもしくはNOTIFICATIONメッセージを待っている状態です。KEEPALIVEメッセージを受け取れば、Established状態に移行します。NOTIFICATIONメッセージを受け取ればIdle状態に移行します。

Established

BGPネイバーが完全に確立している状態です。Established状態でUPDATEメッセージを交換することができます。KEEPALIVEメッセージやUPDATEメッセージを受け取るごとにホールドタイムがリセットされます。NOTIFICATIONメッセージを受け取るとIdle状態に移行します。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

BGPの仕組み