aggregate-addressコマンドによる集約

aggregate-addressコマンドでBGPの集約ルートを生成することができます。コマンドの構文は次の通りです。

aggregate-addressコマンド

Router(config)#router bgp <AS>
Router(config-router)#aggregate-address <network-address> <subnet-mask>

<AS> : AS番号
<network-address> : 集約ルートのネットワークアドレス
<subnet-mask> : 集約ルートのサブネットマスク

aggregate-adderssコマンドには、さらにさまざまなオプションを指定できます。

aggregate-addressコマンドで指定したルートがBGPテーブルに載せられベストパスとなり、他のBGPネイバーにアドバタイズされます。ただし、aggregate-addressコマンドを利用するための条件は、集約前のルートが少なくともひとつBGPテーブルに存在していることです。集約前のルートがBGPテーブルに存在しなければ、集約ルートを生成してアドバタイズできません。自分自身が知らないネットアークアドレスについて、勝手に集約ルートを作ってアドバタイズしてしまうと他のBGPネイバーを混乱させてしまうからです。

図 aggregate-addressコマンドによる集約ルートの設定
図 aggregate-addressコマンドによる集約ルートの設定

集約ルートのパスアトリビュート

また、aggregate-addressで生成した集約ルートにはデフォルトで下記のアトリビュートが付加されます。

  • ORIGIN:IGP
  • NEXT_HOP:0.0.0.0
  • AS_PATH:なし
  • WEIGHT:32768
  • LOCAL_PREFERENCE:100
  • MED:なし
  • AGGREGATOR:ローカルAS番号とルータID
  • ATOMIC-AGGREGATE

aggregate-addressコマンドで生成した集約ルートのWell Known Mandatoryアトリビュート(ORIGIN、NEXT_HOP、AS_PATH)はnetworkコマンドで生成したルートと同じです。ATOMIC-AGGREGATEは、集約されたルートであることを示すフラグです。AGGREGATORは、集約ルートを生成したローカルルータのAS番号とルータIDが記されています。

aggregate-addressコマンドのオプション

そして、aggregate-addressコマンドにはさまざまなオプションがあります。コマンド入力の途中でで”?”を入力してヘルプをみると次のようになります。

aggregate-addressコマンドのオプション

R1(config-router)#aggregate-address 200.100.0.0 255.255.0.0 ?
advertise-map  Set condition to advertise attribute
as-set         Generate AS set path information
attribute-map  Set attributes of aggregate
nlri           Nlri aggregate applies to
route-map      Set parameters of aggregate
summary-only   Filter more specific routes from updates
suppress-map   Conditionally filter more specific routes from updates

ざっと、各オプションの概要は次のようになります。

  • advertise-map
    集約ルートにアトリビュートを継承させたい集約前のルートを指定する
  • as-set
    集約前のルートのAS番号、COMMUNITYアトリビュートを継承する
  • attribute-map
    集約ルートのアトリビュートを設定する
  • route-map
    attribute-mapと同じ
  • summary-only
    集約前のルートをすべて抑制(Suppress)する
  • suppress-map
    選択型集約。集約前のルートのうち抑制したいルートを指定する

これらのオプションは、2つの観点で考えてください。

  • 集約ルートのアトリビュートをどうするか
  • 集約前ルートをどう扱うか

「集約ルートのアトリビュートをどうするか」についてのオプションは、as-set、advertise-map、attribute-map、route-mapです。これらのオプションで集約ルートに集約前ルートからアトリビュートを引き継がせたり、新しくアトリビュートを付加します。

「集約前ルートをどう扱うか」のオプションは、summary-only、suppress-mapです。集約前ルートをまったく送信しないようにしたり、一部だけ送信しないようにしたりできます。


aggregate-addressコマンドのオプションの詳細は、以下の記事で解説しています。

関連記事

BGPの仕組み