選択型集約(Selective Aggregation)とは

aggregate-addressコマンドでBGPルートを集約した場合、オプションを何も指定しなければ集約ルートと集約前のルートを「すべて」送信します。aggregate-addressコマンドにsummary-onlyのオプションをつけて設定すれば集約前のルートはまったく送信されなくなります。つまり、集約前ルートについて普通の集約の設定は全部送る、summary-onlyはまったく送らないというAll or Nothingになります。

選択型集約とは、集約前ルートをこのようにAll or Nothingで扱うのではなく、集約ルートと一緒に送りたい集約前ルートを柔軟に制御することを意味します。選択型集約によって、集約前ルートのうちの一部だけを集約ルートと一緒に送信することができるわけです。

選択型集約の方法

選択型集約には次の2つの種類があります。

  • suppress-map
  • unsuppress-map

この2つが非常に紛らわしいので注意が必要です。まず、集約前ルートを送信するネイバーの範囲が違います。suppress-mapで選択型集約を行う場合はすべてのネイバーへ集約前ルートを送信します。一方、unsuppress-mapで選択型集約を行うと特定のネイバーに対してのみ集約前ルートを送信します。

送信したい集約前ルートの指定方法も違っています。どちらの場合も後ろにルートマップをつけます。ただし、suppress-mapの場合はルートマップの中でdenyされた集約前ルートを送信します。unsuppress-mapの場合は逆で、ルートマップの中でpermitされた集約前ルートを送信します。ここが特に紛らわしいので要注意です。

suppress-mapunsuppress-map
対象のネイバーすべてのネイバー特定のネイバー
送信したい集約前ルートの指定ルートマップでdenyルートマップでpermit
表 suppress-mapとunsuppress-map

suppress-mapによる選択型集約についてさらに詳しくは以下の記事で解説しています。

unsuppress-mapによる選択型集約について詳しくは以下の記事で解説しています。