Table of Contents

PoEの概要

PoE(Power over Ethernet)とは、イーサネットのUTPケーブルで電力を供給する技術です。IP Phoneや無線APなどへの電源供給がPoEの主な用途です。IP Phoneで個別に電源を確保することは手間になります。また、無線APは天井に設置することも多く、個別に電源を確保することが難しいことがあります。PoEを利用すれば、IP Phoneや無線APなどに対して、UTPケーブルで配線するだけで電源を供給できます。

PoEで給電する機器をPSE(Power Sourcing Equipment)と呼び、受電する機器をPD(Powered Device)と呼びます。PSEは主にレイヤ2/レイヤ3スイッチです。PDの主な例は、IP Phone、無線AP、ネットワークカメラなどが挙げられます。

図 PoEの概要
図 PoEの概要

PoEの規格

PoEの規格はIEEEで標準化されています。PoEの規格として、IEEE802.3af(PoE)、IEEE802.3at(PoE+)、IEEE802.3bt(PoE++)があります。IEEE802.3afとIEEE802.3at、IEEE802.3btは、供給できる電力や利用できるUTPケーブルの仕様が異なります。PoE規格の特徴について、以下の表にまとめています。

 IEEE802.3afIEEE802.3atIEEE802.3bt
電力(PSE)15.4W30.0W60W/90W
電力(PD)12.95W25.5W51W/71.3W
ケーブルカテゴリ3以上カテゴリ5e以上カテゴリ5e以上
標準化された年2003年2009年2018年
表 PoEの規格
電力は1ポートあたりです。

PoEの規格は下位互換を確保しています。IEEE802.3btに対応しているPSEは、IEEE802.3btのPDだけでなくIEEE802.3af/atのPDへ電力供給可能です。

関連記事

レイヤ2スイッチの仕組み