L3イーサチャネルとは

L3イーサチャネルとは、ルーテッドポートの複数のイーサネットインタフェースを仮想的に1つにまとめることです。L3イーサチャネルの複数のイーサネットインタフェースをまとめた仮想的なPort-channelインタフェースに直接IPアドレスを設定することができます。

L2イーサチャネルもL3イーサチャネルも、複数のインタフェースを仮想的なPort-channelインタフェースにグループ化することは同じです。Port-channelがスイッチの内部でどのように接続されるかが違っているだけです。

L2イーサチャネル : Port-channelをVLANに接続(スイッチポート)
L3イーサチャネル : Port-channelを内部ルータに接続(ルーテッドポート)

次の図は、L2イーサチャネルとL3イーサチャネルのPort-channelインタフェースの接続についてまとめています。

図 L2イーサチャネル
図 L2イーサチャネル
図 L3イーサチャネル
図 L3イーサチャネル

ルーテッドポートについて、以下の記事で解説しています。


L3イーサチャネルの設定

L3イーサチャネルの設定手順は以下のようになります。

  1. Port-channelインタフェースを作成して、ルーテッドポートにしIPアドレスを設定する
  2. グループ化するイーサネットインタフェースをルーテッドポートにしてchannel-groupコマンドを入力する

Port-channelインタフェースを作成して、ルーテッドポートにしIPアドレスを設定する

L3イーサチャネルの設定は、先にPort-channelインタフェースを作成して、ルーテッドポートにします。そして、適切なIPアドレスを設定します。設定コマンドは、以下の通りです。

L3イーサチャネル Port-channelの設定

(config)#interface Port-channel <interface-num>
(config-if)#no switchport
(config-if)#ip address <address> <subnetmask>

<interface-num> : インタフェース番号。物理インタフェースの<group-number>と合わせる
<address> : IPアドレス
<subnetmask> : サブネットマスク

グループ化するイーサネットインタフェースをルーテッドポートにしてchannel-groupコマンドを入力する

Port-channelにグループ化する物理イーサネットインタフェースをルーテッドポートにして、channel-groupコマンドでPort-channelに関連付けます。channel-groupの<group-number>とPort-channelの<interface-num>を同じ値にすることで関連付けます。

L3イーサチャネル 物理インタフェースの設定

(config)#interface <interface-name>
(config-if)#no switchport
(config-if)# channel-group <group-number> mode {desirable|auto|active|passive|on}

<interface-name> : インタフェース名
<group-number> : イーサチャネルのグループ番号
desirable | auto : PAgPによるネゴシエーションを行います
active | passive : LACPによるネゴシエーションを行います
on : 静的なイーサチャネルを構成します

設定するときには、interface rangeでグループ化する物理イーサネットインタフェースに対して一括で設定する方がよいです。


channel-groupコマンドの動作モードについて、以下の記事で解説しています。

イーサチャネルの設定例について、以下の記事で解説しています。


関連記事

レイヤ2スイッチの仕組み