ネットワーク構成

図 RSTPの設定例 ネットワーク構成
図 RSTPの設定例 ネットワーク構成

設定条件

  • SW1~SW4でRSTPを有効にし、イーサネットフレームの転送経路を高速に切り替えられるようにします。

初期設定

  • 「スパニングツリーの設定例」が完了している状態


設定と確認

Step1:RSTPの有効化

SW1~SW4のすべてのスイッチで高速なスパニングツリープロトコルであるRSTPを有効化します。

SW1~SW4

spanning-tree mode rapid-pvst

ステップ2:RSTPの確認

RSTPが有効になっていることをshow spanning-tree vlan 1コマンドで確認します。SW1では、以下のような出力です。

SW1

SW1#show spanning-tree vlan 1 

VLAN1
  Spanning tree enabled protocol rstp
  Root ID    Priority    4096
             Address     0009.b744.eec1
             This bridge is the root
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    4096
             Address     0009.b744.eec1
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time 300

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/1            Desg FWD  19       128.1    Edge P2p
Fa0/7            Desg FWD  19       128.7    P2p
Fa0/9            Desg FWD  19       128.9    P2p

そして、PC1からPC4へ継続的にPingを実行します。継続的にPingを行っている状態でSW2 Fa0/7のケーブルを抜いて、どのぐらいでPingの応答が返ってくるようになるかを確認します。

C:\Users\gene>ping 192.168.1.4 -t

192.168.1.4 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255
192.168.1.4 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=255

192.168.1.4 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 11、受信 = 11、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms
Ctrl+C
^C

RSTPが有効になっていると、スパニングツリーの再計算が高速になっているためPingの応答は失敗することなく継続して成功しています。

関連記事

レイヤ2スイッチの仕組み