概要

SSMでマルチキャストルーティングを行うための設定と確認をステップ・バイ・ステップで解説します。

ネットワーク構成

図 PIM-SMの基本設定 ネットワーク構成
図 PIM-SMの基本設定 ネットワーク構成

設定条件

【SSM】

  1. 239.5.5.5のマルチキャストパケットをSource Treeのみでルーティングします。
  2. ホスト1が239.5.5.5のマルチキャストパケットのソースとなります。そして、ホスト3が239.5.5.5のマルチキャストパケットのレシーバです。

初期設定

PIM-SMの設定演習 [スタティックRP][Auto RP][BSR][Bidirectional PIM]の設定が完了している状態から開始します。



設定と確認

【Step1:SSMの有効化】

239.5.5.5のマルチキャストパケットをSource TreeのみでルーティングするためにSSMを有効化します。レシーバはホスト3なので、ラストホップルータとなるR6でSSMを有効化します。

R6

ip pim ssm range 5
!
access-list 5 permit 239.5.5.5

【Step2:IGMPv3の有効化】

レシーバからのIGMPv3 (S,G)サブスクリプションを受信できるようにR6 E0/1でIGMPv3を有効化します。

R6

interface Ethernet0/1
 ip igmp version 3

【Step3:レシーバの設定】

ホスト3を239.5.5.5のレシーバとして設定します。239.5.5.5のソースとして、192.168.1.100を指定します。

ホスト3

interface Ethernet0/0
 ip igmp version 3
 ip igmp join-group 239.5.5.5 source 192.168.1.100

【Step4:ディストリビューションツリーの確認】

R6でSSMを有効化して、ホスト3が(192.168.1.100,239.5.5.5)サブスクリプションを送信することで、Source Treeが作成されます。R1、R2、R6で239.5.5.5のSource Treeを確認します。そのために、次のコマンドを利用します。

  • show ip mroute 239.5.5.5

R1

R1#show ip mroute 239.5.5.5
~省略~

(*, 239.5.5.5), 00:02:33/stopped, RP 0.0.0.0, flags: SPF
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list: Null

(192.168.1.100, 239.5.5.5), 00:02:33/00:00:56, flags: FT
  Incoming interface: Ethernet0/0, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list:
    Ethernet0/1, Forward/Sparse, 00:02:33/00:02:53

R2

R2#show ip mroute 239.5.5.5
IP Multicast Routing Table
~省略~

(*, 239.5.5.5), 00:03:09/stopped, RP 0.0.0.0, flags: SP
  Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
  Outgoing interface list: Null

(192.168.1.100, 239.5.5.5), 00:03:09/00:00:20, flags: 
  Incoming interface: Ethernet0/0, RPF nbr 192.168.12.1
  Outgoing interface list:
    Ethernet0/1, Forward/Sparse, 00:03:09/00:03:17

R6

R6#show ip mroute 239.5.5.5
IP Multicast Routing Table
~省略~

(192.168.1.100, 239.5.5.5), 00:03:41/00:02:18, flags: sTI
  Incoming interface: Ethernet0/0, RPF nbr 192.168.26.2
  Outgoing interface list:
    Ethernet0/1, Forward/Sparse, 00:03:41/00:02:18

RPの設定をせずマルチキャストパケットを送信していない状態でも、SSMではSource Treeが作成されていることがわかります。次の図は、239.5.5.5のSource Treeについてまとめたものです。

図 Source Tree (192.168.1.100,239.5.5.5)
図 Source Tree (192.168.1.100,239.5.5.5)

【Step5:マルチキャストルーティングの確認】

ホスト1から239.5.5.5宛てにマルチキャストパケットを送信します。ここまでの設定が正しく行われていれば、ホスト3から応答が返ってきます。

ホスト1

H1#ping 239.5.5.5 repeat 3

Type escape sequence to abort.
Sending 3, 100-byte ICMP Echos to 239.5.5.5, timeout is 2 seconds:

Reply to request 0 from 192.168.6.100, 48 ms
Reply to request 1 from 192.168.6.100, 28 ms
Reply to request 2 from 192.168.6.100, 12 ms

関連記事

IPマルチキャストの仕組み