PIM-DMの設定

PIM-DMの設定は非常にシンプルです。次の2つの設定を行うだけです。

  1. マルチキャストルーティングの有効化
  2. インタフェースでPIM-DMを有効化

マルチキャストルーティングの有効化

ルータでマルチキャストルーティングを有効化するには、グローバルコンフィグレーションモードでip multicast-routingコマンドを入力します。

マルチキャストルーティングの有効化

(config)#ip multicast-routing

インタフェースでPIM-DMを有効化

マルチキャストパケットを転送する可能性がある経路上のすべてのインタフェースでPIM-DMを有効化します。有効にしたいインタフェースコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

PIM-DMを有効化

(config-if)#ip pim dense-mode

なお、インタフェースでPIM-DMを有効化すると、自動的にIGMPv2も有効になり、すべてのマルチキャストパケットを受信するようになります。

PIM-DMの設定例

PIM-DMの設定例を下記に示します。

図 PIM-DMの設定例
図 PIM-DMの設定例

R1もR2もマルチキャストルーティングを有効化して、それぞれ2つのインタフェースでPIM-DMを有効化するだけというとてもシンプルな設定だけでOKです。

PIM-DMの確認コマンド

PIM-DMの設定を確認するためには、次の表のようなshowコマンドを使います。

コマンド確認できる内容
#show ip pim interfacePIMが有効になっているインタフェースを確認する
#show ip pim neighborPIMネイバーを確認する
#show ip rpfRPFインタフェースの情報を確認する
#show ip mrouteディストリビューションツリー(マルチキャストルーティングテーブル)を確認する
表 主なPIMの確認コマンド

これらは、PIM-SMでも共通の確認コマンドです。

関連記事

IPマルチキャストの仕組み