PIM SSMの設定コマンド

SSMの設定もBidir-PIMと同じように、設定自体はとてもシンプルです。SSMの設定は、通常のPIM-SMの設定に加えて、ラストホップルータで次の設定を行います。

  • SSMの有効化
  • (S,G)サブスクリプションを扱えるようにする

SSMを有効化するには、グローバルコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

SSMの有効化

(config)#ip ssm {default|range < ACL >}

default : 232.0.0.0/8のマルチキャストグループでSSMを有効化
range < ACL > : 標準アクセスリストで指定したマルチキャストグループでSSMを有効化

defaultを指定すると、232.0.0.0/8の範囲のマルチキャストグループでSSMが有効化されます。range <ACL>では、標準アクセスリストでpermitされたマルチキャストグループでSSMが有効化されるようになります。

SSMのマルチキャストグループについては、RPアドレスの設定は不要です。

また、レシーバに合わせてラストホップルータで(S,G)サブスクリプションを扱えるように設定します。レシーバが存在するインタフェースで、レシーバの(S,G)サブスクリプションに合わせて、次のように設定します。

(S,G)サブスクリプションを扱えるようにする

IGMPv3
(config-if)#ip igmp version 3

IGMPv3 lite
(config-if)#ip igmp lite

URD
(config-if)#ip urd

PIM SSMの設定例

以下は、簡単なPIM SSMの設定例です。

図 SSMの設定例
図 SSMの設定例

PIM SSMの確認コマンド

SSMの確認は、ラストホップルータにおいてshow ip igmp groups detailコマンドによって、レシーバからの(S,G)サブスクリプションを確認できます。

show ip igmp groups detail

R6-PIM#sh ip igmp groups detail

Flags: L - Local, U - User, SG - Static Group, VG - Virtual Group,
       SS - Static Source, VS - Virtual Source

Interface:      FastEthernet0/1.6
Group:          239.1.1.1
Flags:          SSM
Uptime:         00:07:30
Group mode:     INCLUDE
Last reporter:  172.16.6.100
Group source list: (C - Cisco Src Report, U - URD, R - Remote, S - Static,
                    V - Virtual, Ac - Accounted towards access control limit,
                    M - SSM Mapping, L - Local)
  Source Address   Uptime    v3 Exp   CSR Exp   Fwd  Flags
  172.16.1.100     00:07:30  00:02:30  stopped   Yes  R

また、show ip mrouteでソースとレシーバの間で送信元ツリーが正常に作成されているかどうかを確認します。SSMを有効にしているラストホップルータでは、次のようなディストリビューションツリーになります。

show ip mroute(SSMラストホップルータ)

R6-PIM#show ip mroute 239.1.1.1
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
       L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
       T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry,
       X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
       U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
       Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
       Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
 Timers: Uptime/Expires
 Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode

(172.16.1.100, 239.1.1.1), 00:15:28/00:02:37, flags: sTI
  Incoming interface: FastEthernet0/1.56, RPF nbr 172.16.56.5
  Outgoing interface list:
    FastEthernet0/1.6, Forward/Sparse, 00:15:28/00:02:37

通常のPIM-SMでは、(S,G)エントリにはテンプレートになる(*,G)エントリも作成されます。ですが、SSMを有効にしているラストホップルータには(*,G)エントリは作成されません。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

IPマルチキャストの仕組み