Bidirectional PIMの設定

Bidirectional PIMの設定は、通常のPIM-SMの設定にほんの少し追加するだけです。ほんの少し追加する設定は、次の通りです。

  • Bidirectional PIMの有効化
  • RPアドレスの設定にbidirオプションをつける

Bidirectional PIMを有効化するには、グローバルコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

Bidirectional PIMの有効化

(config)#ip pim bidir-enable

そして、Bidirectional PIMでルーティングしたいマルチキャストグループのRPアドレスの設定でbidirオプションを付加します。スタティック、またはAuto RP/BSRでのRPの設定で次のようにbidirオプションを指定することができます。

Bidirectional PIM RPアドレスの設定 スタティック

(config)#ip pim rp-address < ip-address >[< acl >] bidir

Bidirectional PIM RPアドレスの設定 Auto RP

(config)# ip pim send-rp-announce <interface> scope [group-list <ACL>] [interval <second>] bidir

Bidirectional PIM RPアドレスの設定 BSR

(config)#ip pim rp-candidate < interface > [group-list < ACL >] [interval < second >] [priority < value >] bidir

こうして設定したRPアドレスのマルチキャストグループに対してBidirectional PIMによるマルチキャストパケットのルーティングができるようになります。


通常のPIM-SMの設定と確認コマンドについて、以下の記事をご覧ください。


Bidirectional PIMの設定例(スタティックRP)

スタティックRPのBidir-PIMの簡単な設定例は次の通りです。

図 Bidir-PIMの設定例(スタティックRP)
図 Bidir-PIMの設定例(スタティックRP)

Bidirectional PIMの確認

Bidirectional PIMの確認するには、show ip pim rp mappingでRPアドレスを確認します。Bidirectional PIMのRPアドレスには「bidir」と表示されるようになります。

show ip pim rp mapping

R1-PIM#show ip pim rp mapping
PIM Group-to-RP Mappings

Group(s) 239.1.1.1/32
  RP 4.4.4.4 (?), v2, bidir
    Info source: 2.2.2.2 (?), via bootstrap, priority 0, holdtime 210
         Uptime: 00:07:21, expires: 00:02:29

また、RPアドレスに対するDFの確認は、show ip pim interface df [ < rp-address >]コマンドで行います。出力例は次の通りです。

show ip pim interface df < rp-address >

R1-PIM#show ip pim interface df 4.4.4.4
* implies this system is the DF
Interface                RP                DF Winner        Metric     Uptime
FastEthernet0/1.1        4.4.4.4          *172.16.1.1       4          00:11:26
FastEthernet0/1.12       4.4.4.4           172.16.12.2      3          00:11:26

そして、Bidirectional PIMにおけるディストリビューションツリーの例は次のようになります。

R6-PIM#show ip mroute 239.1.1.1
~省略~

(*, 239.1.1.1), 00:13:49/00:02:57, RP 4.4.4.4, flags: BC
  Bidir-Upstream: FastEthernet0/1.56, RPF nbr 172.16.56.5
  Outgoing interface list:
    FastEthernet0/1.6, Forward/Sparse, 00:12:49/00:02:14
    FastEthernet0/1.56, Bidir-Upstream/Sparse, 00:12:50/00:00:00

この表示例のように、show ip mrouteの出力でBidirectional PIMが有効なマルチキャストグループについては、RPFインタフェース(Incoming Interface)は「Bidir-Upstream」と表示されます。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

IPマルチキャストの仕組み