Ciscoデバイスの管理 Telnetによるリモート管理 その2

Telnetの中断、再開方法

Ciscoデバイスから他のデバイスにTelnetした場合を考えます。Telnetすると、
Telnet先のデバイスのCLIになり、CLIから設定の変更やshowコマンドを実行す
ることができます。Telnetを中止するには、Telnet先でexitもしくはlogoutコ
マンドを入力すれば元のデバイスのCLIに戻ります。ただし、これでは完全にTelnet
セッションが切断されます。

ログ Telnetの切断

R1>exit
[Connection to 10.1.1.1 closed by foreign host]
Switch>

Telnetセッションを保持したまま、元のデバイスのCLIに戻ることをTelnetセ
ッションの中断といいます。Telnetセッションを中断するには、[Ctrl]+[Shift]+[6]
キーを押して、その後に[x]キーを押します。

ログ Telneセッションの中断

R1>[Ctrl]+[Shift]+[6],[x]
Switch#

Telnetセッションを中断した場合、保持しているTelnetセッションを表示する
には、show sessionコマンドを使います。

ログ show session

Switch#show session
Conn Host                Address             Byte  Idle Conn Name
*  1 10.1.1.1            10.1.1.1               0     2 10.1.1.1

「*」は直前のセッションを表します。その後の数字がセッション番号です。
保持しているTelnetセッションを再開するには、

#resume [session-number]

を入力します。再開するときは、resumeコマンド自体を省略することができま
す。セッション番号だけ指定すれば、そのセッションを再開することができま
す。セッション番号も省略した場合は、「*」のついている直前のセッション
を再開します。つまり、セッションを中断して元のCLIに戻ってきた、何も入
力せずに[Enter]キーを入力すると直前のセッションに戻ります。

ログ セッションの再開

Switch#[Enter]
[Resuming connection 1 to 10.1.1.1 ... ]
R1>

保持しているTelnetセッションを切断したい場合は、次のコマンドを入力して
ください。

#disconnect [session-number]

多段階Telnetのセッション中断

あるデバイスから他のデバイスにTelnetして、そこからさらに別のデバイスに
Telnetするというような多段階でTelnetをすることもできます。そのとき、セ
ッションを中断して任意のデバイスのCLIに戻るには、ちょっとしたコツがい
ります。セッションを中断する[Ctrl]+[Shift]+[6]の押す回数で制御できます。
ルールは次のようになります。

[Ctrl]+[Shift]+[6]の押す回数

  • 奇数回-大元のデバイスのCLIに戻る
  • 偶数回-大元のデバイスからひとつずつ前のデバイスのCLIに戻る

具体的に次の図のようにR1からR4まで多段階でTelnetしている場合を考えます。

R1にコンソール接続し、R1からR2にTelnetします。そして、R2からさらにR3へ
Telnet、R3からR4へTelnetするとターミナルソフトウェアにはR4のCLIが表示
されます。

ここで、[Ctrl]+[Shift]+[6]キーを1回押して、[x]キーを押すと大元のR1のCLI
に戻ります。

そして[Ctrl]+[Shift]+[6]キーを1回押して、[x]キーを押すと大元のR1の一つ
前のR2のCLIに戻ります。

[Ctrl]+[Shift]+[6]キーを3回押して、[x]キーを押すと大元のR1のCLIに戻り
ます。

[Ctrl]+[Shift]+[6]キーを4回押して、[x]キーを押すと大元のR1から2つ前の
R3のCLIに戻ります。

※実際に[Ctrl]+[Shift]+[6]キーを複数回押すときは、[Ctrl]+[Shift]キーを
押しながら[6]キーを複数回押すようにすれば簡単です。

Telnetアクセスの確認

Telnetアクセスの確認を行うには、主に次のコマンドがあります。

  • show users
  • show session

show usersは自分に対してのTelnetアクセスを表示します。そして、show session
は自分から行っているTelnetアクセスを表示します。次のサンプルネットワー
クでshow usersおよびshow sessionを見てみます。

まず、R2でshow usersを見ると次のようになります。

ログ R2 show users

R2>show user
Line       User       Host(s)              Idle       Location
*  0 con 0                idle                 00:00:00
18 vty 0                idle                 00:00:03 10.1.1.1

これを見ると、R2はR1(10.1.1.1)からTelnetされていることがわかります。
「18 vty 0」の「18」はコンソールなども含めた全体のライン番号です。VTY
ライン番号はこの例では「0」を使っています。自分に対してのTelnetを強制
的に切断するときは、clear lineコマンドを使います。もし、この例でTelnet
接続を切断したいときは、show usersのVTYライン番号を使って

#clear line 18

とコマンドを入力するとR1からR2へのTelnetを強制的に切断できます。
次に、R1でshow sessionを見ると次のようになります。

ログ R1 show session

R1#show session
Conn Host                Address             Byte  Idle Conn Name
*  1 10.1.1.2            10.1.1.2               0     0 10.1.1.2

R1は10.1.1.2(R2)にTelnetしていて、そのセッション番号が1であることが確
認できます。


※このコンテンツは、6/19にリリースしたCCNAテキストの一部です。CCNAテキストは、ボリューム900ページ以上!徹底的に詳細な解説でCCNA合格だけでなく、ネットワーク技術の大幅なスキル
アップに最適です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA