Servers SummaryでGNS3 VMがグリーンにならないときに確認するポイント

GNS3 VMサーバをセットアップすると、GNS3を起動すると自動的にGNS3 VMも起動します。正常ならば、Servers SummaryでGNS3 VMがグリーンになるはずです。

GNS3 VMのServers Summaryでグリーンにならないときは、以下の点を確認してみてください。

  • GNS3とGNS3 VMのバージョンが一致しているか
  • GNS3でのVMサーバのポート番号の設定とGNS3 VMで待ち受けているポート番号が一致しているか

GNS3とGNS3 VMのバージョンが一致しているか

GNS3のバージョンとGNS3 VMのバージョンが一致している必要があるようです。GNS3のバージョンは、[Help] – [About]から確認できます。

GNS3 VMのバージョンは[GNS3 server version]でわかります。

GNS3でのVMサーバのポート番号の設定とGNS3 VMで待ち受けているポート番号が一致しているか

GNS3でのVMサーバのポート番号の設定とGNS3 VMで待ち受けているポート番号が一致しないとServer Summaryはグレイアウトされたままになってしまいます。

筆者がGNS3 VMサーバのセットアップを行ったときは(v2.2.17)、セットアップウィザードをそのまま進めていくと、VMサーバのポート番号はローカルサーバのポート番号(TCP 3080)がそのまま使われていました。一方、VMware上のGNS3 VMではTCP 80で待ち受けていたので、Servers Summaryでグレイアウトされたままの状態になってしまっていました。もし、一致していないなら合わせてください。

GNS3でのVMサーバのポート番号は[edit] – [preference] – [GNS3 VM]から確認できます。

GNS3 VMの待ち受けポート番号は[PORT]の部分で確認できます。

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索