GNS3 VMサーバを利用したIOSルータテンプレートの作成

GNS3 VMサーバを利用したIOSルータテンプレート作成の手順について解説します。サーバとしてGNS3 VMサーバを利用する以外は、ローカルサーバでのテンプレート作成とほとんど同じ手順です。また、ローカルサーバでのテンプレート作成と同じようにあらかじめ実機ルータのIOSイメージファイルが必要です。

Step1:IOSイメージファイルを準備

あらかじめIOSイメージファイルをローカルストレージに保存しておきます。Cisco3640シリーズのIOSが比較的入手しやすくて、GNS3上でも使いやすいです。

Step2:[Preferences]を開く

GNS3を起動して、[Edit] – [Preferences]をクリックして、[Preferences]画面を開きます。

Step3:IOSルータテンプレートの作成画面を開く

IOS routers]を選択して[New]をクリックし、IOSルータテンプレートの作成画面を開きます。

[Server]として[Run this IOS router on the GNS3 VM]を選択して[Next]で続行します。

Step4:IOSルータテンプレートの作成

IOSルータテンプレートの作成画面から、必要な情報を指定してIOSルータテンプレートを作成します。

IOSイメージファイルのパス

[New Image]をチェックして、[Browse]からテンプレートに利用するIOSイメージファイルを選択します。選択したイメージファイルはGNS3 VMへアップロードされます。[Next]で続行します。

なお、実機ルータからIOSファイルをダウンロードしたときは「.bin」ファイルです。「.bin」ファイルを指定すると、以下のようなダイアログボックスが表示されます。[Yes]をクリックして、「.image」ファイルに展開します。

テンプレート名

ルータのテンプレート名は、デフォルトで「c3640」などプラットフォーム名となっています。必要ならテンプレートの名前を指定します。IOSのフィーチャーセットやバージョンがわかるようにしておくと便利です。

RAMサイズ

エミュレートするIOSルータのRAMの容量を決めます。Feature Navigatorへのリンクがあるので、Feature Navigatorで利用するIOSに応じた必要なRAMの容量を調べてください。

搭載モジュール

ルータのスロットに搭載するモジュールを選択します。必要ならばWICも搭載できます。

Idle-pc

Idle-pcを指定します。[Idle-PC finder]をクリックすると、適切なIdle-pc値を計測します。[Idle-PC finder]で適切な値が計測できたら[Finish]をクリックして、IOSルータテンプレートの作成は完了です。

Step5:IOSルータテンプレートの確認

作成したIOSルータテンプレートの内容を確認します。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索