EIGRPスタブとは

EIGRPのスタブ機能とは、ネイバーに対してQueryパケットの抑制を通知するためのものです。簡単に言うと、ネイバーへ「こっちには代替ルートはありません」ということを知らせるのがEIGRPのスタブです。

「スタブ」という言葉は、いろんな意味で使われるのですがたいていは小規模なネットワークと考えればよいでしょう。小規模なネットワークは冗長化されていることがあまりなく、ほかのネットワークへの代替ルートが存在することはまずないでしょう。

EIGRPは特定のネットワークに対する最適ルートであるサクセサがダウンすると、ルートを切り替えなければいけません。バックアップになるはずのフィージブルサクセサが存在しないと、ネイバーに対してQueryパケットを送信して、代替ルートを問い合わせます。あきらかに代替ルートがないようなスタブ、すなわち小規模なネットワークのEIGRPルータにもQueryパケットを送信しても意味がありません。そこで、スタブを有効にすることで無駄なQueryパケットの送信を抑制して、EIGRPのコンバージェンスを速くすることができます。

図 EIGRPスタブの概要
図 EIGRPスタブの概要

EIGRPスタブの動作

EIGRPスタブを有効化したルータは、EIGRP Helloパケットでネイバーに対してスタブルータであることを通知します。

図 Helloパケットでスタブであることを通知
図 Helloパケットでスタブであることを通知

ネイバールータはサクセサがダウンしたときに、スタブルータへEIGRP Queryパケットを送信しないようになります。通常のネイバーにはQueryパケットで代替ルートを問い合わせます。

図 スタブルータにはQueryを送信しない
図 スタブルータにはQueryを送信しない

また、スタブルータからアドバタイズするEIGRPルートも制限されます。スタブルータからネイバーへアドバタイズするEIGRPルートの制限として、以下のオプションが設定可能です。

receive-onlyEIGRPルートをアドバタイズしない
connectednetworkコマンドで生成したEIGRPルートをアドバタイズする
summary集約の設定で生成したEIGRPルートをアドバタイズする
staticEIGRPに再配送されたスタティックルートをアドバタイズする
redistributedスタティックルート以外のEIGRPに再配送されたルートをアドバタイズする
表 スタブルータがアドバタイズするルートの指定

スタブルータからアドバタイズするルートの制限で指定するオプションの意味がわかりづらいので注意してください。EIGRPトポロジテーブルをベースに考えなくてはいけません。show ip eigrp topologyでトポロジテーブルを見ると、どのようにしてEIGRPルートとして生成したかもわかります。

R1#show ip eigrp topology
IP-EIGRP Topology Table for AS(1)/ID(192.168.13.1)
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
       r - reply Status, s - sia Status

P 100.100.100.100/32, 1 successors, FD is 28160
        via Rstatic (28160/0)
P 10.1.1.0/24, 1 successors, FD is 28160
        via Redistributed (28160/0)
P 192.168.12.0/24, 1 successors, FD is 28160
        via Connected, FastEthernet0/0
P 192.168.13.0/24, 1 successors, FD is 128256
        via Connected, Loopback0
P 192.168.0.0/16, 1 successors, FD is 28160
        via Summary (28160/0), Null0

スタブの設定でアドバタイズするルートの制限で指定するオプションは、トポロジテーブル上の「via」以降にあるどのようにして生成したEIGRPルータなのかということを意味しています。トポロジテーブルにEIGRPルートを生成するためのnetworkコマンドや再配送のredistributeコマンド、集約ルートを生成するip summary address eigrpコマンドの設定もされていることが前提です。

「connected」のオプションは、トポロジテーブル上の「Via Connected」のEIGRPルートをアドバタイズします。「summary」のオプションは、トポロジテーブル上の「via Summary」のEIGRPルートをアドバタイズします。「static」のオプションは、トポロジテーブル上の「via Rstatic」のEIGRPルートをアドバタイズします。そして、「redistributed」のオプションは、トポロジテーブル上の「via Redistributed」のEIGRPルートをアドバタイズします。「receive-only」は、ネイバーへEIGRPルートをアドバタイズしません。

EIGRPスタブの設定と確認コマンド

EIGRPスタブの設定は、EIGRPのコンフィグレーションモードで行います。

EIGRPスタブの設定

(config)#router eigrp <AS>
(config-router)#eigrp stub [receive-only|connected|summary|static|redistributed]

<AS> : AS番号

オプションは複数指定することができます。ただ、receive-onlyを指定するときは、他のオプションは指定できません。オプションを省略すると、デフォルトはconnectedとsummaryです。

EIGRPスタブの確認は、show ip eigrp neighbor detailコマンドです。ネイバールータでスタブの設定がされているかどうかがわかります。

R2#show ip eigrp neighbors detail
IP-EIGRP neighbors for process 1
H   Address                 Interface       Hold Uptime   SRTT   RTO  Q  Seq
                                            (sec)         (ms)       Cnt Num
0   192.168.12.1            Fa0/0             11 00:11:01   62   372  0  9
   Version 12.4/1.2, Retrans: 1, Retries: 0, Prefixes: 1
   Stub Peer Advertising ( CONNECTED SUMMARY ) Routes
   Suppressing queries

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索