EIGRPのメトリック

EIGRPでは、メトリックとして複合メトリックを採用しています。複合メトリックとは、以下の5つの要素から計算された値です。

  • 帯域幅(BW)
  • 遅延(DLY)
  • 信頼性(RELIABILITY)
  • 負荷(LOAD)
  • MTUサイズ

5つの要素の具体的な値は、インタフェースごとにあらかじめ決められています。show interfaceコマンドで確認できます。設定で変更することも可能です。

R1#show interfaces fastEthernet 0/0
FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
  Hardware is AmdFE, address is cc01.3180.0000 (bia cc01.3180.0000)
  Internet address is 192.168.12.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit/sec, DLY 100 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Full-duplex, 100Mb/s, 100BaseTX/FX
~省略~

メトリックの計算式

5つの要素に基づいて、次の計算式にしたがってメトリック値を算出します。5つの要素がもとになっているだけでメトリックとしては、1つの値であることに注意してください

EIGRPメトリックの計算式

K5=0のとき
EIGRPメトリック=[K1*BW+K2*BW/(256-LOAD)+K3*DLY] * 256

K5≠0のとき
EIGRPメトリック=[K1*BW+K2*BW/(256-LOAD)+K3*DLY]*[K5/(REALIABILITY+K4)] * 256

この計算式において、K1~K5までの係数があります。これらは、K値と呼ばれる5つの要素をどの程度考慮するかという係数でデフォルトは、以下の通りです。

K1=K3=1、K2=K4=K5=0

つまり、デフォルトではEIGRPのメトリックは、以下のように帯域幅と遅延を利用して計算されることになります。

デフォルトのEIGRPメトリック計算式

メトリック=(BW + DLY) * 256

EIGRPのメトリックの計算における帯域幅は、経路上の最小値を利用します。宛先ネットワークまでの経路上に、帯域幅が小さいインタフェースがあると、その部分に足を引っ張られてしまってメトリックの値としては、大きくなってしまいます。そして、遅延は宛先ネットワークまでの累積値を利用します。帯域幅も遅延もEIGRPのルート情報を受信するインタフェースの値が適用されます。

なお、BWとDLYの値は、以下のようにスケーリングして計算します。

BW = 107/経路上の最小の帯域幅
DLY = 経路上の累積遅延/10

メトリック計算の例

たとえば、次の図において、R1で192.168.1.0/24のネットワークについてのメトリックを計算するときには、帯域幅は10Mbps(=104kbps)です。経路上の最小値を利用します。そして、遅延は経路上の遅延の値を累積して100+1000+1000=2100μsです。

図 メトリック計算に利用する帯域幅と遅延の例
図 メトリック計算に利用する帯域幅と遅延の例

192.168.1.0/24はR3に直接接続されているネットワークと想定しています。R3のConnectedの帯域幅と遅延も考慮しなければいけません。

図の例では、R1での192.168.1.0/24のEIGRPメトリックは以下のように計算できます。

EIGRPメトリック = [107 / 104 + 2100/10 ] * 256 = 309760

こうしたEIGRPメトリック計算に利用する各要素の詳細は、トポロジテーブルで確認できます。

R1#show ip eigrp topology 192.168.1.0
IP-EIGRP (AS 1): Topology entry for 192.168.1.0/24
  State is Passive, Query origin flag is 1, 1 Successor(s), FD is 309760
  Routing Descriptor Blocks:
  192.168.12.2 (FastEthernet0/0), from 192.168.12.2, Send flag is 0x0
      Composite metric is (309760/307200), Route is Internal
      Vector metric:
        Minimum bandwidth is 10000 Kbit
        Total delay is 2100 microseconds
        Reliability is 255/255
        Load is 1/255
        Minimum MTU is 1500
        Hop count is 2

ネイバーになる条件

EIGRPでは、K値が異なるルータ間でネイバーを確立することができません。K値が異なるということは、メトリックの計算式が異なることになり、最適ルートの決定に整合性がとれなくなってしまうからです。EIGRPでネイバーを確立するための条件をあらためてまとまると、次のようになります。

  • 同じAS番号であること
  • 同じK値であること

上記に加えて、ネイバーは同一ネットワーク上であることが前提です。IPアドレスやサブネットマスクの設定にも注意が必要です。なお、K値を変更することはほとんどなく、デフォルト値を利用することが一般的です。

関連記事