EIGRP Namedモードの概要

通常のEIGRPの設定は、router eigrp でEIGRPのプロセスを有効化します。このような設定を行うEIGRPはClassicモードと呼ばれています。IOS 15.0(1)からはNamedモードが導入されています。Nmaedモードは、ルータコンフィグレーションモード内でAS番号の指定だけではなく、さまざまな設定も行うようになっています。

EIGRP Namedモードの設定コマンド

NamedモードでIPv4のルーティングを行うためのAS番号の指定やインタフェースでEIGRPを有効にするためのコマンドは以下のようになります。

EIGRP Namedモードの設定

(config)#router eigrp <virtual-instance-name>
(config-router)#address-family ipv4 unicast autonomous-system <AS>
(config-router-af)#network <address> [<wildcard>]

<virtual-instance-name> : EIGRPインスタンス名
<AS> : EIGRP AS番号
<address> : IPアドレス
<wildcasr> : ワイルドカードマスク

インタフェースに関連する設定

また、Classicモードでは、EIGRPのタイマの指定やスプリットホライズン、集約ルートの生成といったインタフェースコンフィグレーションモードで設定していたコマンドは、af-interface の中で設定するようになっています。

EIGRP Namedモードのインタフェースに関連する設定

(config)#router eigrp <virtual-instance-name>
(config-router)#address-family ipv4 unicast autonomous-system <AS>
(config-router-af)#af-interface <interface>
(config-router-af-interface)#

以下の出力は、af-interface の配下でコマンドのヘルプを表示しています。

R1(config-router-af)#af-interface ethernet 0/0
R1(config-router-af-interface)#?
Address Family Interfaces configuration commands:
  add-paths           Advertise add paths
  authentication      authentication subcommands
  bandwidth-percent   Set percentage of bandwidth percentage limit
  bfd                 Enable Bidirectional Forwarding Detection
  dampening-change    Percent interface metric must change to cause update
  dampening-interval  Time in seconds to check interface metrics
  default             Set a command to its defaults
  exit-af-interface   Exit from Address Family Interface configuration mode
  hello-interval      Configures hello interval
  hold-time           Configures hold time
  next-hop-self       Configures EIGRP next-hop-self
  no                  Negate a command or set its defaults
  passive-interface   Suppress address updates on an interface
  shutdown            Disable Address-Family on interface
  split-horizon       Perform split horizon
  summary-address     Perform address summarization

トポロジーテーブルに関連する設定

そして、再配送やディストリビュートリストなどのフィルタといったようなトポロジテーブルに関する設定は、topology base内で行います。topology base内でのコマンドのヘルプは次のようになっています。

R1(config-router-af)#topology base
R1(config-router-af-topology)#?
Address Family Topology configuration commands:
  auto-summary         Enable automatic network number summarization
  default              Set a command to its defaults
  default-information  Control distribution of default information
  default-metric       Set metric of redistributed routes
  distance             Define an administrative distance
  distribute-list      Filter entries in eigrp updates
  eigrp                EIGRP specific commands
  exit-af-topology     Exit from Address Family Topology configuration mode
  maximum-paths        Forward packets over multiple paths
  metric               Modify metrics and parameters for advertisement
  no                   Negate a command or set its defaults
  offset-list          Add or subtract offset from EIGRP metrics
  redistribute         Redistribute IPv4 routes from another routing protocol
  snmp                 Modify snmp parameters
  summary-metric       Specify summary to apply metric/filtering
  timers               Adjust topology specific timers
  traffic-share        How to compute traffic share over alternate paths
  variance             Control load balancing variance

メトリックの拡張

設定コマンドが異なるだけではなく、メトリックも拡張されるようになっています。ClassicモードのEIGRPではメトリックは32ビットです。15.1(3) からのNamedモードは64ビットのワイドメトリックを利用できます。より広帯域で低遅延のインタフェースの違いを反映させることが可能です。

関連記事