EIGRPの基本的な設定手順

EIGRPの基本的な設定手順は、次の2つです。

EIGRPルーティングプロセスの有効化

ルータでEIGRPの処理ができるようにする

STEP
1

インタフェースでEIGRPを有効化

インタフェースでEIGRPパケットを送受信できるようにして、有効にしたインタフェースのネットワークアドレスをEIGRPルート情報としてトポロジテーブルに登録する

STEP
2

EIGRPルーティングプロセスの有効化

まずはEIGRPルーティングプロセスを有効化して、EIGRPの処理ができるようにします。EIGRPルーティングプロセスを有効化するには、グローバルコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

EIGRPルーティングプロセスの有効化

(config)#router eigrp <AS>
(config-router)#

<AS> : AS番号

AS番号は1~65535の任意の番号です。EIGRPのルーティングプロセスも1台のルータで複数起動できます。EIGRPの場合は、他のルータとAS番号を合わせなければいけません。EIGRPでのネイバーを確立する条件にAS番号が一致していることがあるからです。

インタフェースでEIGRPを有効化

EIGRPもRIPやOSPFと同じように、インタフェースごとに有効化します。ルーティングプロトコルは、ルータのインタフェースで有効化するということを明確にしておきましょう。

BGPはインタフェースで有効化するわけではなく例外です。

インタフェースでEIGRPを有効化するには、EIGRPのコンフィグレーションモードでnetworkコマンドを利用します。

インタフェースでEIGRPを有効化

(config-router)#network <ip-address> [<wildcard>]

<ip-address> : IPアドレス
<wildcardmask> : ワイルドカードマスク

OSPFのnetworkコマンドと同様にワイルドカードマスクでIPアドレスのビットパターンを柔軟に指定できます。ワイルドカードマスクを省略すると、クラスのナチュラルマスクとして扱います。指定したIPアドレスとワイルドカードマスクのビットパターンに一致するIPアドレスを持つインタフェースがEIGRPを有効にする対象のインタフェースです。

簡単な設定例

こうしたEIGRPの2つのステップの設定例として、以下のシンプルなネットワーク構成で考えます。

図  EIGRP設定例
図 EIGRP設定例

R1

router eigrp 1
 network 192.168.0.0 0.0.255.255

R1はワイルドカードマスクで先頭16ビットだけをチェックして、「192.168」ではじまるIPアドレスを持つインタフェースでEIGRPを有効にする設定です。1行のnetworkコマンドでE0/0、E0/2、Se1/0の3つのインタフェースでEIGRPを有効化しています。

R2

router eigrp 1
 network 192.168.2.2 0.0.0.0
 network 192.168.12.2 0.0.0.0

R2では、ワイルドカードマスク32ビットで完全に一致するIPアドレスを持つインタフェースを指定している設定です。

R3

router eigrp 1
 network 192.168.3.0
 network 192.168.13.0
 network 192.168.31.0

R3は、ワイルドカードマスクを省略した場合のクラスのナチュラルマスクとなっている例です。

EIGRPのその他の設定

ルータID

EIGRPもOSPFと同様にルータIDでルータを識別します。ルータIDの決め方はOSPFの場合と同じです。ルータIDを手動で設定する場合、EIGRPコンフィグレーションモードで以下のコマンドです。

EIGRPルータID

(config-router)#eigrp router-id <router-id>

<router-id> : ルータID

自動集約の無効化

EIGRPはRIPと同様にクラス境界で自動集約します。ただし、現在ではほとんど自動集約を利用するようなことはありません。自動集約を無効化するには、EIGRPコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

自動集約の無効化

(config-router)#no auto-summary

IOSバージョンによっては、デフォルトで自動集約は無効化されています。

Helloインターバル/Hold downタイマの変更

EIGRPのHelloパケットの送信間隔がHelloインターバルです。また、ネイバーがダウンしたとみなす時間がHold downタイマです。変更するにはインタフェースコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

Helloインターバル/Hold downタイマの変更

(config-if)#ip hello-interval eigrp <AS> <hello>
(config-if)#ip hold-time eigrp <AS> <hold_time>

<AS> : AS番号
<hello> : Helloインターバル
<hold_time> : Hold downタイマ

passive-interface

PCやサーバなどだけが接続されていて、EIGRPルータが接続されていないインタフェースにはEIGRPパケットを送信する必要はありません。そのようなインタフェースはpassive-interfaceとしてEIGRPパケットの送信を止めます。

passive-interface

(config-router)#passive-interface <interface-name>

<interface-name> : passive-interfaceにするインタフェース名

OSPFと同様にpassive-interfaceにしたインタフェースではネイバーを確立することはありません。

不等コストロードバランス

サクセサだけでなくフィージブルサクセサもルーティングテーブルに登録する不等コストロードバランスの設定は、EIGRPコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

不等コストロードバランス

(config-router)#variance <value>

<value> : 係数

デフォルトは1なので、等コストロードバランスです。


不等コストロードバランスについて以下の記事で解説しています。


EIGRPの確認

EIGRPの動作を確認するための主な確認コマンドを表にまとめています。

確認コマンド概要
#show ip protocolsルーティングプロトコルの全般的な情報を表示します。
#show ip eigrp interfaceEIGRPが有効なインタフェースの情報を表示します。
#show ip eigrp neighborEIGRPネイバーを表示します。
#show ip eigrp topologyEIGRPトポロジテーブルを表示します。
#show ip route eigrpルーティングテーブルのEIGRPルートを表示します。
表 EIGRPの主な確認コマンド

show ip protocols

show ip protocolsはルーティングプロトコルの全般的な情報を表示します。EIGRPに関して、AS番号、K値、varianceの値などを確認できます。

R1#show ip protocols
Routing Protocol is "eigrp 1"
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Default networks flagged in outgoing updates
  Default networks accepted from incoming updates
  EIGRP metric weight K1=1, K2=0, K3=1, K4=0, K5=0
  EIGRP maximum hopcount 100
  EIGRP maximum metric variance 20
  Redistributing: eigrp 1
  EIGRP NSF-aware route hold timer is 240s
  Automatic network summarization is in effect
  Automatic address summarization:
    192.168.31.0/24 for Ethernet0/0, Serial1/0
    192.168.13.0/24 for Ethernet0/0, Ethernet0/2
    192.168.12.0/24 for Ethernet0/2, Serial1/0
  Maximum path: 4
  Routing for Networks:
    192.168.0.0/16
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
    192.168.13.3          90      00:00:03
    192.168.12.2          90      00:00:03
    192.168.31.3          90      00:00:03
  Distance: internal 90 external 170

show ip eigrp interface

show ip eigrp interfaceでEIGRPが有効なインタフェースを確認できます。

R1#show ip eigrp interfaces
IP-EIGRP interfaces for process 1
                        Xmit Queue   Mean   Pacing Time   Multicast    Pending
Interface        Peers  Un/Reliable  SRTT   Un/Reliable   Flow Timer   Routes
Et0/0              1        0/0        32       0/2          144           0
Et0/2              1        0/0        25       0/2           64           0
Se1/0              1        0/0        28       0/15          99           0
detailをつけるとより詳細な情報がわかります。
passive-interfaceにしたインタフェースはshow ip eigrp interfaceには表示されなくなります。

show ip eigrp neighbor

show ip eigrp neighborでEIGRPネイバーを確認します。OSPFと同様にネイバーを確立してはじめてルート情報を交換します。EIGRPの動作を確認するときには、show ip eigrp neighborコマンドでのネイバーの確認が重要です。

R1#show ip eigrp neighbors
IP-EIGRP neighbors for process 1
H   Address                 Interface       Hold Uptime   SRTT   RTO  Q  Seq
                                            (sec)         (ms)       Cnt Num
2   192.168.31.3            Et0/2             13 00:27:25   25   200  0  11
1   192.168.13.3            Se1/0             13 00:27:29   28   200  0  9
0   192.168.12.2            Et0/0             13 00:28:10   32   200  0  5

show ip eigrp topology

show ip eigrp topolgyコマンドでEIGRPトポロジテーブルのサクセサとフィージブルサクセサを表示します。

R1#show ip eigrp topology
IP-EIGRP Topology Table for AS(1)/ID(192.168.31.1)
Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
       r - reply Status, s - sia Status

P 192.168.12.0/24, 1 successors, FD is 281600
        via Connected, Ethernet0/0
P 192.168.13.0/24, 1 successors, FD is 2169856
        via Connected, Serial1/0
P 192.168.2.0/24, 1 successors, FD is 307200
        via 192.168.12.2 (307200/281600), Ethernet0/0
P 192.168.3.0/24, 1 successors, FD is 307200
        via 192.168.31.3 (307200/281600), Ethernet0/2
        via 192.168.13.3 (2195456/281600), Serial1/0
P 192.168.31.0/24, 1 successors, FD is 281600
        via Connected, Ethernet0/2

「via Connected」は、networkコマンドによって生成されたEIGRPルートであることを意味しています。show ip eigrp topologyのあとに特定のネットワークアドレスを指定するとより詳細な情報を確認できます。

R1#show ip eigrp topology 192.168.3.0/24
IP-EIGRP (AS 1): Topology entry for 192.168.3.0/24
  State is Passive, Query origin flag is 1, 1 Successor(s), FD is 307200
  Routing Descriptor Blocks:
  192.168.31.3 (Ethernet0/2), from 192.168.31.3, Send flag is 0x0
      Composite metric is (307200/281600), Route is Internal
      Vector metric:
        Minimum bandwidth is 10000 Kbit
        Total delay is 2000 microseconds
        Reliability is 255/255
        Load is 1/255
        Minimum MTU is 1500
        Hop count is 1
  192.168.13.3 (Serial1/0), from 192.168.13.3, Send flag is 0x0
      Composite metric is (2195456/281600), Route is Internal
      Vector metric:
        Minimum bandwidth is 1544 Kbit
        Total delay is 21000 microseconds
        Reliability is 255/255
        Load is 1/255
        Minimum MTU is 1500
        Hop count is 1
detail-linksまたはall-linksをつけるとサクセサとフィージブルサクセサ以外も表示します。

show ip route eigrp

show ip route eigrpコマンドは、ルーティングテーブルのEIGRPルートのみを表示します。

R1#show ip route eigrp
D    192.168.2.0/24 [90/307200] via 192.168.12.2, 00:15:54, Ethernet0/0
D    192.168.3.0/24 [90/307200] via 192.168.31.3, 00:15:54, Ethernet0/2
                    [90/2195456] via 192.168.13.3, 00:15:54, Serial1/0

EIGRPルートのコードとして、以下の2通りあります。

コード概要
DEIGRPルート
D EX非EIGRPドメインのルート
表 EIGRPルートのコード

関連記事