ネットワーク構成

図 EIGRP不等コストロードバランス ネットワーク構成
図 EIGRP不等コストロードバランス ネットワーク構成

設定概要

各ルータのEIGRPに関連する設定は次のとおりです。

R1

interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.12.1 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 192.168.21.1 255.255.255.0
!
interface Serial1/0
 ip address 192.168.14.1 255.255.255.0
 encapsulation ppp
!
router eigrp 1
 network 192.168.12.0
 network 192.168.14.0
 network 192.168.21.0
 no auto-summary

R2

interface Loopback0
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.12.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 192.168.21.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/2
 ip address 192.168.23.2 255.255.255.0
!
router eigrp 1
 network 192.168.2.0
 network 192.168.12.0
 network 192.168.21.0
 network 192.168.23.0
 no auto-summary

R3

interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.23.3 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 192.168.34.3 255.255.255.0
!
router eigrp 1
 network 192.168.3.0
 network 192.168.23.0
 network 192.168.34.0
 no auto-summary

R4

interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.34.4 255.255.255.0
!
interface Serial1/0
 ip address 192.168.14.4 255.255.255.0
 encapsulation ppp
!
router eigrp 1
 network 192.168.14.0
 network 192.168.34.0
 no auto-summary

問題

R1のルーティングテーブルに192.168.2.0/24のルートが次のように登録されるようにしてください。なお、このための設定はR1でのみ行なってください。また、メトリックの値そのものは例と異なっていても問題ありません。

R1#show ip route eigrp              
~省略~
D    192.168.2.0/24 [90/439600] via 192.168.21.2, 00:03:05, Ethernet0/1
                    [90/2349056] via 192.168.14.4, 00:03:05, Serial1/0
                    [90/439600] via 192.168.12.2, 00:03:05, Ethernet0/0
~省略~

解答

R1

router eigrp 1
 variance 6
 offset-list 2 in 30000 Ethernet0/0
 offset-list 2 in 30000 Ethernet0/1
!
access-list 2 permit 192.168.2.0

ワンポイント

  • EIGRPではあらかじめバックアップ経路としてフィージブルサクセサを選定する
  • フィージブルサクセサの条件
    サクセサのFD > フィージブルサクセサのAD
  • EIGRPの不等コストロードバランスは、varianceコマンドによってフィージブルサクセサをルーティングテーブルに登録する

解説

R1のルーティングテーブルに192.168.2.0/24のルートを登録するためには、不等コストロードバランスの設定が必要です。EIGRPでは、不等コストロードバランスによって、メトリックが異なる複数のルートをルーティングテーブルに登録することができます。ただし、不等コストロードバランスでメトリックが大きいルートをルーティングテーブルに登録するのは、フィージブルサクセサでなければいけないことに注意してください。

不等コストロードバランスにより、R1では192.168.2.0/24のルートとしてR2経由だけでなくR4経由のものもルーティングテーブルに登録しようとしています。そのためには、R4は192.168.2.0/24に対するフィージブルサクセサでなければいけません。R1での192.168.2.0/24のメトリック(FD)は409600です。一方、R4では192.168.0.2/32に対するメトリック(FD)は435200です。つまり、R4はR1よりも192.168.2.0/24から遠くに位置していることになります。そのため、R1はR4経由の192.168.2.0/24のルートがループフリーであることを保証できずに、フィージブルサクセサとしてR4を利用できません。フィージブルサクセサとなる条件は、サクセサのFD > フィージブルサクセサのADである必要があります。

図 192.168.2.0/24に対するR1とR4の位置関係
図 192.168.2.0/24に対するR1とR4の位置関係

フィージブルサクセサでなければ、varianceをいくら大きくしてもルーティングテーブルには登録されません。そこで、R1にとって192.168.2.0/24のフィージブルサクセサとしてR4を利用できるように、R1のFDを大きくしてvarianceコマンドを設定します。

R1

router eigrp 1
 variance 6
 offset-list 2 in 30000 Ethernet0/0
 offset-list 2 in 30000 Ethernet0/1
!
access-list 2 permit 192.168.2.0

図 不等コストロードバランスの設定
図 不等コストロードバランスの設定

関連記事