VTPプルーニングとは

VTPプルーニングとは、トランクリンクへの不要なイーサネットフレームのフラッディングを自動的に止める機能です。VTPプルーニングで不要なフラッディングを抑制できれば、その分、トランクリンクの帯域幅を有効に利用できます。

不要なイーサネットフレームのフラッディングの例

VTPでは、スイッチ間はトランクで接続することが前提です。トランクはデフォルトですべてのVLANに所属しています。その結果、トランクポートに不要なVLANのイーサネットフレームがフラッディングされ、帯域幅を余計に消費してしまうことがあります。

たとえば、以下の図のネットワーク構成を考えます。SW3にはVLAN10のアクセスポートが存在しません。SW3にVLAN10のイーサネットフレームを転送しても破棄されます。SW3へVLAN10のイーサネットフレームをフラッディングすると、余計な帯域幅の消費が起こってしまっています。

図 不要なフラッディングの例
図 不要なフラッディングの例

トランクポートの不要なVLANのイーサネットフレームのフラッディングを防止するために、2つの選択肢があります。

  • switchport trunk allowed vlanコマンドによって、手動でトランクポートが所属するVLANを限定する
  • VTPプルーニングを有効化する

switchport trunk allowed vlanコマンドは、管理者が不要なフラッディングが発生する部分を特定して、手動でコマンドを入力していく必要があるので手間がかかります。一方、VTPプルーニングは有効化しさえすれば、不要なフラッディングを自動的に止めることができます。


switchport trunk allowed vlanコマンドについて、以下の記事をご覧ください。


VTPプルーニングの動作

VTPプルーニングは、VTPプルーニングメッセージによって、特定のVLANのイーサネットフレームが不要であることを通知します。

先ほどの、ネットワーク構成でSW3にはVLAN10のアクセスポートがないので、SW3はVLAN10のイーサネットフレームを受信しても破棄します。VTPプルーニングを有効にしていれば、SW3からVTPプルーニングメッセージを送信して、VLAN10のイーサネットフレームが不要であることを通知します。

図 VTPプルーニングメッセージ
図 VTPプルーニングメッセージ

その結果、SW2はSW3の方向のFa0/8へVLAN10のイーサネットフレームをフラッディングしないようになります。

図 VTPプルーニングによるフラッディングの停止
図 VTPプルーニングによるフラッディングの停止

関連記事