VLAN間ルーティングの概要

レイヤ2スイッチでVLANによってネットワークを分割すると、異なるVLAN間では通信ができなくなってしまいます。どのようにネットワークを分割するかは自由に決められます。一般的な例として、企業の社内ネットワークであれば、部署ごとにネットワークを分割することが多いでしょう。VLANで部署ごとにネットワークを分割して、部署間での通信ができなくなってしまうと、当然ながら、業務に支障をきたすことになるでしょう。同じ社内なので、部署間の通信、すなわちVLAN間の通信も必要です。

ルータを利用しているのであれば、ネットワークを分割すると同時に相互接続も行っています。そのため、異なるネットワーク間の通信ができます。ですが、レイヤ2スイッチのVLANは「ネットワークを分割するだけ」です。VLAN間での通信を実現するためには、VLANを相互接続しなければいけません。VLANを相互接続してVLAN間の通信ができるようにすることを「VLAN間ルーティング」と呼びます。

VLAN間ルーティングを実現するためには、ルータやレイヤ3スイッチなどレイヤ3のネットワーク機器が必要です。

VLAN間ルーティングの簡単な例

VLAN間ルーティングの簡単な例を考えます。以下の図は、社内のネットワークをレイヤ2スイッチでVLANを3つ作成して、部署ごとに3つのネットワークに分割しているという例です。レイヤ2スイッチのVLANによって分割されたネットワークは相互接続されていません。そのため、VLAN間、つまり部署間の通信ができません。そこで、ルータまたはレイヤ3スイッチにより、VLANを相互接続します。すると、VLAN間の通信は、ルータまたはレイヤ3スイッチを経由して行うことができるようになります。

図 VLAN間ルーティングの概要
VLAN間の通信を行うためには、VLAN同士を接続するルータやレイヤ3スイッチでのルーティングの設定だけでなく、ホストのTCP/IP設定が正しく行われていることが前提です。

ルータとレイヤ3スイッチを利用したVLAN間ルーティングの詳細は以下の記事をご覧ください。 


 

関連記事