VLANの概要

VLANの特徴として、以下のことがあげられます。

  • VLANとは、レイヤ2スイッチによってネットワークを分割する機能。
  • ネットワークの柔軟性や拡張性が向上する。
  • セキュリティの向上(データが転送される範囲を限定する)
  • VLANで分割したネットワークはルータ/レイヤ3スイッチで相互接続する

VLANは、レイヤ2スイッチでネットワークを分割する機能です。どのように分割するかは、設定次第です。物理的な配線や配置を変更することなく、ネットワークを分割することができます。そのため、ネットワーク構成の柔軟性や拡張性が向上するというメリットがあります。


VLANによるネットワークの分割の仕組みは、以下の記事で解説しています。


なお、VLANはネットワークを分割するだけです。分割されたネットワークは相互接続されていません。そのため、VLANが異なるとデータが転送されることなく、通信ができなくなります。このことから、VLANによってセキュリティを向上していることになります。

「セキュリティ」という言葉はとてもいろんな意味を含んでいて、「セキュリティ」という言葉を聞いた人がそれぞれパッとイメージすることがかなり違っているでしょう。

VLANでのセキュリティは、データを暗号化するとか、ユーザの認証を行うといったことではありません。データが転送される範囲を限定することで、万が一、不正な通信があった場合にその影響を限定することができるということがVLANでのセキュリティ向上です。

そして、異なるVLAN(ネットワーク)間でいっさい通信ができなくなってしまうと不便です。部署ごとにVLANでネットワークを分割すると、部署間での通信ができなくなってしまいます。そこで、VLANで分割したネットワークは、ルータ/レイヤ3スイッチを用いて相互接続します。たいていは、レイヤ3スイッチを利用することになります。


ルータ/レイヤ3スイッチでVLANを接続することについて、以下の記事で解説しています。


関連記事