概要

CiscoルータでOSPFv3のエリア間ルートを集約するための設定例です。IPv4用のOSPFv2の場合と、OSPFv3ではデフォルトの集約ルートのコストの考え方が違っています。

ネットワーク構成

図 OSPFv3ルート集約の設定例 ネットワーク構成
図 OSPFv3ルート集約の設定例 ネットワーク構成

設定条件

  • ネットワーク構成に基づいてOSPFv3を有効化します。
  • R2でOSPFv3ルートが次のように見えるように設定します。

R2

R2#show ipv6 route ospf
IPv6 Routing Table - 10 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
O   2000:12:12:12::/64 [110/10]
     via ::, Ethernet0/0
O   2001:3:3:1::/64 [110/20]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:2::/64 [110/30]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:3::/64 [110/40]
     via FE80::3, Ethernet0/1

  • R1でOSPFv3ルートが次のように見えるように設定します。

R1

R1#show ipv6 route ospf
IPv6 Routing Table - 7 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
OI  2001:3:3::/48 [110/50]
     via FE80::2, Ethernet0/0
O   2001:12:12:12::/64 [110/10]
     via ::, Ethernet0/0
OI  2001:23:23:23::/64 [110/20]
     via FE80::2, Ethernet0/0

初期設定

  • ホスト名
  • IPv6アドレス

設定と確認

Step1:OSPFv3の有効化

ネットワーク構成に基づいてR1/R2/R3でOSPFv3を有効化します。R3では、Loopbackインタフェースで2001:3:3:1::/64、2001:3:3:2::/64、2001:3:3:3::/64のネットワークを構成しています。R2において、設定条件にあるように「2001:3:3」ではじまるOSPFルートが設定されたサブネットマスクで見えるようにR3のLoopbackインタフェースでipv6 ospf network point-to-pointが必要です。

R1

interface Ethernet0/0
 ipv6 ospf 1 area 0
!
ipv6 router ospf 1
 router-id 1.1.1.1

R2

interface Ethernet0/0
 ipv6 ospf 1 area 0
!
interface Ethernet0/1
 ipv6 ospf 1 area 1
!
ipv6 router ospf 1
 router-id 2.2.2.2

R3

interface Loopback0
 ipv6 ospf network point-to-point
 ipv6 ospf 1 area 1
!
interface Loopback1
 ipv6 ospf network point-to-point
 ipv6 ospf 1 area 1
!
interface Loopback2
 ipv6 ospf network point-to-point
 ipv6 ospf 1 area 1
!
interface Ethernet0/0
 ipv6 ospf 1 area 1
!
ipv6 router ospf 1
 router-id 3.3.3.3

Step2:OSPFv3の確認

Step1のOSPFv3の設定が正しく動作していることを確認します。R2でOSPFv3ネイバーとOSPFv3ルートを確認します。

R2

R2#show ipv6 ospf neighbor 

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Interface ID    Interface
1.1.1.1           1   FULL/DR         00:00:39    4               Ethernet0/0
3.3.3.3           1   FULL/BDR        00:00:30    4               Ethernet0/1
R2#show ipv6 route ospf
IPv6 Routing Table - 10 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
O   2000:12:12:12::/64 [110/10]
     via ::, Ethernet0/0
O   2001:3:3:1::/64 [110/11]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:2::/64 [110/11]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:3::/64 [110/11]
     via FE80::3, Ethernet0/1

Step3:OSPFv3コストの変更

R2でOSPFv3ルートが設定条件のように見えるために、R3の各Loopbackインタフェースのコストを変更します。R2のE0/1のコストは10です。設定条件のOSPFルートのコストになるように、次のようにOSPFコストを設定します。

  • Loopback0 2001:3:3:1::/64 コスト10
  • Loopback1 2001:3:3:2::/64 コスト20
  • Loopback2 2001:3:3:3::/64 コスト30

R3

interface Loopback0
 ipv6 ospf cost 10
!
interface Loopback1
 ipv6 ospf cost 20
!
interface Loopback2
 ipv6 ospf cost 30

Step4:OSPFv3コストの確認

R2でのOSPFv3ルートを確認します。

R2

R2#show ipv6 route ospf
IPv6 Routing Table - 10 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
O   2000:12:12:12::/64 [110/10]
     via ::, Ethernet0/0
O   2001:3:3:1::/64 [110/20]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:2::/64 [110/30]
     via FE80::3, Ethernet0/1
O   2001:3:3:3::/64 [110/40]
     via FE80::3, Ethernet0/1

設定条件と同じようにOSPFv3ルートのコストが表示されていることが確認できます。

Step5:ルート集約の設定

R1のルーティングテーブルでOSPFv3ルートが設定条件のように見えるためには、2001:3:3:1::/64、2001:3:3:2::/64、2001:3:3:3::/64を2001:3:3::/48に集約します。OSPFv3でのルート集約はABRで行うため、R2で集約ルートを生成します。

R2

ipv6 router ospf 1
 area 1 range 2001:3:3::/48

Step6:ルート集約の確認

ルート集約の設定を確認します。集約ルートを生成するR2では、show ipv6 opsfコマンドを利用します。また、エリア0のLSDBに集約ルートを表すLSAタイプ3があります。

R2

R2#show ipv6 ospf 
 Routing Process "ospfv3 1" with ID 2.2.2.2
~省略~
 Number of areas in this router is 2. 2 normal 0 stub 0 nssa
 Reference bandwidth unit is 100 mbps
    Area BACKBONE(0)
        Number of interfaces in this area is 1
        SPF algorithm executed 4 times
        Number of LSA 8. Checksum Sum 0x0387AA
        Number of DCbitless LSA 0
        Number of indication LSA 0
        Number of DoNotAge LSA 0
        Flood list length 0
    Area 1
        Number of interfaces in this area is 1
        SPF algorithm executed 4 times
        Area ranges are
          2001:3:3::/48 Active(40) Advertise 
        Number of LSA 9. Checksum Sum 0x031954
        Number of DCbitless LSA 0
        Number of indication LSA 0
        Number of DoNotAge LSA 0
        Flood list length 0
R2#show ipv6 ospf database inter-area prefix 

            OSPFv3 Router with ID (2.2.2.2) (Process ID 1)

                Inter Area Prefix Link States (Area 0)

~省略~

  LS age: 718
  LS Type: Inter Area Prefix Links
  Link State ID: 5
  Advertising Router: 2.2.2.2
  LS Seq Number: 80000001
  Checksum: 0x5357
  Length: 36
  Metric: 40 
  Prefix Address: 2001:3:3::
  Prefix Length: 48, Options: None


                Inter Area Prefix Link States (Area 1)

~省略~

集約ルートのメトリックは、デフォルトで集約ルートの範囲内に含まれる詳細なルートの最大メトリックです。集約の範囲内に含まれる詳細なルートの最大メトリックは2001:3:3:3::/64の40です。そのため、集約ルートのメトリックは40です。

集約ルートのデフォルトのメトリックは、OSPFv2の場合と異なっていることに注意してください。OSPFv2では集約ルートのメトリックはデフォルトで集約ルートの範囲内に含まれる詳細なルートの最小メトリックです。

そして、R1のルーティングテーブルでは設定条件と同じように2001:3:3::/48の集約ルートがメトリック50で見えます。

R1

R1#show ipv6 route ospf
IPv6 Routing Table - 7 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
OI  2001:3:3::/48 [110/50]
     via FE80::2, Ethernet0/0
O   2001:12:12:12::/64 [110/10]
     via ::, Ethernet0/0
OI  2001:23:23:23::/64 [110/20]
     via FE80::2, Ethernet0/0

図 ルート集約の動作
図 ルート集約の動作

ネットワーク技術解説記事のアップデートや新規記事をTwitterでお知らせしています。

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

OSPFの仕組み