OSPF ルータプライオリティの設定

イーサネットなどのマルチアクセスネットワーク上で、特定のルータをDR/BDRとするために、ルータプライオリティを設定します。ルータプライオリティの変更はインタフェースコンフィグレーションモードで次のコマンドを入力します。

OSPFルータプライオリティの変更

(config)#interface <interface-name>
(config-if)#ip ospf priority <priority>

<interface-name> : インタフェース名
<priority> : DRプライオリティ値。0~255

Ciscoでは、ルータプライオリティ値のデフォルトは1です。0は特別な値でDR/BDRにはならないという意味です。DRにしたいルータに最も大きい値を設定して、BDRにしたいルータに2番目に大きい値を設定します。

ただし、プライオリティを変更しても、すぐにDR/BDRが変更されるわけではありません。既存のDRが存在すれば、あとからプライオリティが大きいルータが追加されても変わりません。プライオリティを変更したら、現在のDR/BDRとなっているルータでいったんOSPFプロセスをクリアしてください。

OSPFプロセスのクリア

#clear ip ospf process

ルータプライオリティの確認

ルータプライオリティを確認するには、以下のshowコマンドがわかりやすいです。

  • show ip ospf neighbor
  • show ip ospf interface

show ip ospf neighbor

show ip ospf neighborコマンドでネイバーのルータプライオリティを確認できます。

R1#show ip ospf neighbor
 
Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
192.168.12.2      1   FULL/DR         00:00:32    192.168.12.2    Ethernet0/0
192.168.13.3      0   FULL/  -        00:00:31    192.168.13.3    Serial1/0

show ip ospf neighborコマンドでは、コマンドを実行しているルータ自身のプライオリティはわかりません。

show ip ospf interface

show ip ospf interfaceコマンドでOSPFが有効なインタフェースの詳細がわかります。ルータプライオリティの値や、現在のDR/BDRとなっているルータを確認できます。

R1#show ip ospf interface ethernet0/0
Ethernet0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.12.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 192.168.13.1, Network Type BROADCAST, Cost: 10
  Transmit Delay is 1 sec, State BDR, Priority 1
  Designated Router (ID) 192.168.12.2, Interface address 192.168.12.2
  Backup Designated router (ID) 192.168.13.1, Interface address 192.168.12.1
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    oob-resync timeout 40
    Hello due in 00:00:09
  Supports Link-local Signaling (LLS)
  Index 1/1, flood queue length 0
  Next 0x0(0)/0x0(0)
  Last flood scan length is 1, maximum is 3
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 4 msec
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 192.168.12.2  (Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

OSPFの仕組み