複数のルーティングプロトコルを利用するケース

ルータがIPパケットをルーティングできるようにルーティングテーブルを作成します。そのためにルーティングプロトコルを利用する場合、利用するルーティングプロトコルをできれば1種類に統一したほうがよいです。複数のルーティングプロトコルが混在していると、ルーティングプロトコルごとにアルゴリズムや設定など異なり複雑なネットワーク構成になってしまうからです。

しかし、場合によっては複数のルーティングプロトコルを利用してルーティングを行うケースもあります。その典型的な例として、次のようなケースがあります。

  • ルーティングプロトコルの移行時の暫定措置
  • 利用している機器の制約
  • ネットワークの管理範囲の違い

上記の複数のルーティングプロトコルを利用するケースの概要を簡単に解説します。

ルーティングプロトコルの移行時の暫定措置

既存のルーティングプロトコルから新しいルーティングプロトコルに移行する場合、一度にすべてのルータでルーティングプロトコルを新しいものに変更するのは困難です。徐々に既存のルーティングプロトコルから新しいルーティングプロトコルに切り替えていくことになります。そのため、移行時の途中の段階では、既存のルーティングプロトコルと新しいルーティングプロトコルが混在するネットワーク構成となります。

 ルーティングプロトコルの移行例
図 ルーティングプロトコルの移行例 RIPからOSPFへ移行

利用している機器の制約

利用している機器により、サポートしているルーティングプロトコルが異なることがあります。たとえば、Ciscoルータ以外ではEIGRPを利用することができません。また、低価格のルータやレイヤ3スイッチはRIPのみをサポートしていることもあります。

OSPFを使いたいけど、一部の機器でRIPしかサポートしていなければOSPFとRIPの混在環境になってしまいます。

ネットワークの管理範囲の違い

このケースは、インターネットへの接続が典型的なものです。インターネットに接続するためにはISP (Internet Service Provider)と契約します。ISPのネットワークは自社の管理範囲外です。そのため、自社内でOSPFを利用しているからといって、ISPにもOSPFを利用させてルーティングプロトコルを統一することはできません。

ISPとの間でルーティングプロトコルを利用する場合は、通常BGPを利用します。そのため、インターネットに接続すると、BGPと自社内のルーティングプロトコルが混在したネットワーク構成になります。

ISPとの間はBGPを利用する
図 ISPとの間はBGPを利用する

インターネットの接続は、冗長化していなければルーティングプロトコルを利用する必要はなく、スタティックルートでデフォルトルートを設定することもあります。すると、スタティックルートとルーティングプロトコルの混在環境になります。

インターネットの接続に限らず、自社の管理が及ばない範囲のネットワークと接続する場合は、ルーティングプロトコルを統一することは難しくなります。

再配送が必要

ルーティングプロトコルは統一したほうがよいのですが、それができない場合、複数のルーティングプロトコルが混在する構成になります。ルーティングプロトコルの混在環境では、境界のルータで再配送の設定が必要です。

再配送とは、あるルーティングプロトコルで学習したルート情報を他のルーティングプロトコルのルート情報に変換する機能です。


再配送は以下の記事で詳しく解説しています。


関連記事

IPルーティング応用