概要

TCPポート番号を見てHTTPトラフィックのルーティングを制御するポリシーベースルーティングの設定例です。

ネットワーク構成

図 ポリシーベースルーティング ネットワーク構成
図 ポリシーベースルーティング ネットワーク構成

設定条件

  • R3で、HTTPのトラフィックをR1へルーティングするようにしてください。
  • HTTP以外のトラフィックはR1、R2のどちらへルーティングしてもよいものとします。

確認条件

  • R3でSRVあてのHTTPトラフィックをR1へルーティングしていることを確認します。

初期設定

以下の設定は設定済みとします。

  • ホスト名
  • IPアドレス
  • スタティックルート
    R1、R2でネクストホップをR3として172.16.0.0/16のスタティックルートを設定
    R3でネクストホップをR1、R2とするデフォルトルートのスタティックルートを設定

設定

【Step1:ルートマップの設定】

R3でHTTPトラフィックをR1へルーティングするように、ポリシーベースルーティングの設定を行います。ポリシーベースルーティングのためのルートマップ「HTTP」を作成します。match条件でHTTPをpermitするアクセスリストを関連付けて、HTTPトラフィックをPBRの対象としています。そして、R1へルーティングするためにset ip next-hopでR1のIPアドレスを指定します。

作成したルートマップ「HTTP」を受信インタフェースであるE0/1に適用します。

R3

interface Ethernet0/1
 ip policy route-map HTTP
!
access-list 100 permit tcp any any eq www
!
route-map HTTP permit 10
 match ip address 100
 set ip next-hop 172.16.2.1

【Step2:ルートマップの確認】

R3でshow route-mapおよびshow ip policyコマンドでルートマップの設定を確認します。

R3 show route-map/show ip policy

R3#show route-map 
route-map HTTP, permit, sequence 10
  Match clauses:
    ip address (access-lists): 100 
  Set clauses:
    ip next-hop 172.16.2.1
  Policy routing matches: 0 packets, 0 bytes
R3#show ip policy
Interface      Route map
Ethernet0/1    HTTP

【Step3:ポリシーベースルーティングの確認】

R3でポリシーベースルーティングを確認するために、debug ip policyコマンドを入力します。その状態でHOSTからSRVあてにHTTPパケットを送信します。R3のデバッグの出力は次のようになります。

R3 debug ip policy

R3#debug ip policy 
Policy routing debugging is on
R3#
*Mar  1 01:31:43.407: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), d=192.168.1.100, len 44, FIB policy match
*Mar  1 01:31:43.411: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), d=192.168.1.100, len 44, policy match
*Mar  1 01:31:43.415: IP: route map HTTP, item 10, permit
*Mar  1 01:31:43.419: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), 
d=192.168.1.100 (Ethernet0/0), len 44, policy routed
*Mar  1 01:31:43.423: IP: Ethernet0/1 to Ethernet0/0 172.16.2.1
*Mar  1 01:31:45.407: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), 
d=192.168.1.100, len 44, FIB policy match
*Mar  1 01:31:45.411: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), 
d=192.168.1.100, len 44, policy match
*Mar  1 01:31:45.415: IP: route map HTTP, item 10, permit
*Mar  1 01:31:45.419: IP: s=172.16.3.100 (Ethernet0/1), 
d=192.168.1.100 (Ethernet0/0), len 44, policy routed
*Mar  1 01:31:45.423: IP: Ethernet0/1 to Ethernet0/0 172.16.2.1
~省略~

また、show route-mapコマンドでポリシーベースルーティングを行ったパケット数を確認できます。

R3 show route-map

R3#show route-map 
route-map HTTP, permit, sequence 10
  Match clauses:
    ip address (access-lists): 100 
  Set clauses:
    ip next-hop 172.16.2.1
  Policy routing matches: 4 packets, 240 bytes

最終的な設定抜粋

各デバイスの最終的な設定の抜粋は以下のようになります。

R1

hostname R1
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
!
interface Serial1/0
 ip address 172.16.1.1 255.255.255.0
!
ip route 172.16.0.0 255.255.0.0 172.16.1.3

R2

hostname R2
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 172.16.2.2 255.255.255.0
!
ip route 172.16.0.0 255.255.0.0 172.16.2.3

R3

hostname R3
!
interface Ethernet0/0
 ip address 172.16.2.3 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/1
 ip address 172.16.3.3 255.255.255.0
 ip policy route-map HTTP
!
interface Serial1/0
 ip address 172.16.1.3 255.255.255.0
!
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.16.1.1
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.16.2.2
!
access-list 100 permit tcp any any eq www
!
route-map HTTP permit 10
 match ip address 100
 set ip next-hop 172.16.2.1

SRV

hostname SRV
!
no ip routing
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.100 255.255.255.0
!
ip default-gateway 192.168.1.1

HOST

hostname HOST
!
no ip routing
!
interface Ethernet0/0
 ip address 172.16.3.100 255.255.255.0
!
ip default-gateway 172.16.3.3

関連記事

IPルーティング応用