概要

OSPFとRIPの双方向の再配送の設定を行います。ルーティングプロトコルを複数利用しているときには、双方向の再配送が必要になることを理解しておきましょう。

ネットワーク構成

再配送の設定例 ネットワーク構成
図 再配送の設定例 ネットワーク構成

設定条件

  • OSPFドメインとRIPドメイン間で通信ができるようにR1で再配送の設定を行います。
  • RIPへ再配送するときには、シードメトリック10にします。
  • OSPFへ再配送するときにはメトリックタイプ1にします。

初期設定

  • ホスト名/IPアドレス
    • OSPFドメイン、RIPドメイン内のルートはLoopbackにIPアドレスを設定
  • OSPF
    • R1-R2間でOSPF(エリア0)を有効化
  • RIPv2
    • R1-R2間でRIPv2を有効化
    • 自動集約の無効化

設定と確認

Step1:再配送前の確認

再配送の設定を行う前の状態を確認します。R1のルーティングテーブルは、次のようになっています。

R1

R1#show ip route
~省略~

Gateway of last resort is not set

C    192.168.13.0/24 is directly connected, FastEthernet1/0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C       10.12.12.0 is directly connected, FastEthernet0/0
O       10.1.1.0 [110/2] via 10.12.12.2, 00:00:04, FastEthernet0/0
R    192.168.1.0/24 [120/1] via 192.168.13.3, 00:00:02, FastEthernet1/0
     192.168.3.0/27 is subnetted, 1 subnets
R       192.168.3.0 [120/1] via 192.168.13.3, 00:00:02, FastEthernet1/0

R1のルーティングテーブルにはOSPFドメインとRIPドメインのルート情報が正しく登録されています。

そして、R2のルーティングテーブルは次のようになっています。

R2

R2#show ip route
~省略~

Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C       10.12.12.0 is directly connected, FastEthernet0/0
C       10.1.1.0 is directly connected, Loopback0

R2のルーティングテーブルにはRIPドメインのルートが登録されていません。

また、R3のルーティングテーブルは次のようになっています。

R3

R3#show ip route
~省略~

Gateway of last resort is not set

C    192.168.13.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
C    192.168.1.0/24 is directly connected, Loopback0
     192.168.3.0/27 is subnetted, 1 subnets
C       192.168.3.0 is directly connected, Loopback0

R3のルーティングテーブルにはOSPFドメインのルートが登録されていません。この状態では、RIPドメインとOSPFドメイン間の通信ができません。OSPFドメインのR2からRIPドメインのR3へPingを実行すると、応答が返ってきません。

R2

R2#ping 192.168.1.3 source 10.1.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 10.1.1.2
.....
Success rate is 0 percent (0/5)

Step2:OSPFからRIPへの再配送の設定(シードメトリックなし)

R1でOSPFからRIPへの再配送を行います。RIPへ再配送するときには、シードメトリックの指定が必須ですが、ここではシードメトリックなしで設定します。これは、間違った設定ですが、シードメトリックの指定を忘れてしまったときの状態を確認するためです。

R1

router rip
 redistribute ospf 1

Step3:OSPFからRIPへの再配送の確認(シードメトリックなし)

OSPFからRIPへの再配送の設定を確認します。再配送の設定はshow ip protocolsコマンドで確認します。

R1

R1#show ip protocols
Routing Protocol is "ospf 1"
~省略~

Routing Protocol is "rip"
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Sending updates every 30 seconds, next due in 22 seconds
  Invalid after 180 seconds, hold down 180, flushed after 240
  Redistributing: ospf 1, rip
  Default version control: send version 2, receive version 2
    Interface             Send  Recv  Triggered RIP  Key-chain
    FastEthernet1/0       2     2
    Interface             Send  Recv  Triggered RIP  Key-chain
  Automatic network summarization is not in effect
  Maximum path: 4
  Routing for Networks:
    192.168.13.0
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
    192.168.13.3         120      00:00:02
  Distance: (default is 120)

R1でOSPFからRIPの再配送の設定がされていることがわかります。しかし、RIPへ再配送するときにシードメトリックを指定していないので、OSPFドメインのルート情報はRIPへ再配送されていません。RIPデータベースには、OSPFドメインのルート情報が含まれていません。

R1

R1#show ip rip database
192.168.1.0/24    auto-summary
192.168.1.0/24
    [1] via 192.168.13.3, 00:00:17, FastEthernet1/0
192.168.3.0/24    auto-summary
192.168.3.0/27
    [1] via 192.168.13.3, 00:00:17, FastEthernet1/0
192.168.13.0/24    auto-summary
192.168.13.0/24    directly connected, FastEthernet1/0

OSPFからRIPへの再配送 シードメトリックなし
図 OSPFからRIPへの再配送 シードメトリックなし

Step4: OSPFからRIPへの再配送の設定(シードメトリックあり)

OSPFからRIPへ正しくルート情報が再配送されるようにシードメトリックを指定します。条件に基づいてシードメトリックは10です。

R1

router rip
 redistribute ospf 1 metric 10

Step5:OSPFからRIPへの再配送の確認(シードメトリックあり)

シードメトリックを指定したので、OSPFのルート情報がRIPデータベースに登録されるようになります。R1であらためてRIPデータベースを確認します。

R1

R1#show ip rip database
10.0.0.0/8    auto-summary
10.1.1.0/24    redistributed
    [10] via 10.12.12.2, from 2.2.2.2,
10.12.12.0/24    redistributed
    [10] via 0.0.0.0,
192.168.1.0/24    auto-summary
192.168.1.0/24
    [1] via 192.168.13.3, 00:00:19, FastEthernet1/0
192.168.3.0/24    auto-summary
192.168.3.0/27
    [1] via 192.168.13.3, 00:00:19, FastEthernet1/0
192.168.13.0/24    auto-summary
192.168.13.0/24    directly connected, FastEthernet1/0

OSPFからRIPへの再配送 シードメトリックあり
図 OSPFからRIPへの再配送 シードメトリックあり

RIPデータベースには10.1.1.0/24だけではなく、R1-R2間の10.12.12.0/24も再配送されています。10.12.12.0/24はルーティングテーブル上ではConnectedですが、OSPFのルーティングプロセスにも含まれています。そのため、10.12.12.0/24もOSPFからRIPへ再配送されています。

そして、R1からOSPFドメインのルート情報がRIPルートとしてR3までアドバタイズされます。R3のルーティングテーブルは次のようになっています。

R3

R3#show ip route
~省略~

Gateway of last resort is not set

C    192.168.13.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
R       10.12.12.0 [120/10] via 192.168.13.1, 00:00:21, FastEthernet0/0
R       10.1.1.0 [120/10] via 192.168.13.1, 00:00:21, FastEthernet0/0
C    192.168.1.0/24 is directly connected, Loopback0
     192.168.3.0/27 is subnetted, 1 subnets
C       192.168.3.0 is directly connected, Loopback0

R3のルーティングテーブルにOSPFドメインのルート情報10.12.12.0/24と10.1.1.0/24がメトリック10で登録されています。

Step6:RIPからOSPFへの再配送の設定(subnetsなし)

R1でRIPからOSPFへの再配送の設定を行います。OSPFへ再配送するには、subnetsのオプションを指定しなければいけませんが、subnetsをつけずに設定します。また、メトリックタイプは1に変更します。

R1

router ospf 1
 redistribute rip metric-type 1

Step7:RIPからOSPFへの再配送の確認(subnetsなし)

R1でRIPからOSPFへの再配送の設定を確認します。

R1

R1#show ip protocols
Routing Protocol is "ospf 1"
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Router ID 1.1.1.1
  It is an autonomous system boundary router
  Redistributing External Routes from,
    rip
  Number of areas in this router is 1. 1 normal 0 stub 0 nssa
  Maximum path: 4
  Routing for Networks:
    10.12.12.0 0.0.0.255 area 0
 Reference bandwidth unit is 100 mbps
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
    2.2.2.2              110      00:00:34
  Distance: (default is 110)

Routing Protocol is "rip"
~省略~

RIPからOSPFへの再配送の設定が行われています。OSPFへ再配送されたルート情報はLSDBにLSAタイプ5として登録されます。R1のLSDBは以下のようになっています。

R1

R1#show ip ospf database

            OSPF Router with ID (1.1.1.1) (Process ID 1)

                Router Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
1.1.1.1         1.1.1.1         145         0x80000003 0x006878 1
2.2.2.2         2.2.2.2         991         0x80000003 0x005468 2

                Net Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
10.12.12.1      1.1.1.1         1725        0x80000001 0x0066A0

                Type-5 AS External Link States

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Tag
192.168.1.0     1.1.1.1         145         0x80000001 0x008929 0
192.168.13.0    1.1.1.1         145         0x80000001 0x0005A1 0

subnetsをつけずに再配送の設定をしているので、サブネッティングされている192.168.3.0/27のルート情報が再配送されていません。

RIPからOSPFへの再配送 subnetsなし
図 RIPからOSPFへの再配送 subnetsなし

Step8:RIPからOSPFへの再配送の設定(subnetsあり)

R1でOSPFへの再配送の設定にsubnetsをつけて、サブネッティングされているルート情報も再配送されるように正しく設定します。

R1

router ospf 1
 redistribute rip metric-type 1 subnets

Step9:RIPからOSPFへの再配送の確認(subnetsあり)

再度、R1のOSPF LSDBを確認します。subnetsをつけているので、R1のOSPF LSDBに192.168.3.0/27のルート情報も登録されています。

R1

R1#show ip ospf database

            OSPF Router with ID (1.1.1.1) (Process ID 1)

                Router Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
1.1.1.1         1.1.1.1         52          0x80000004 0x006679 1
2.2.2.2         2.2.2.2         1258        0x80000003 0x005468 2

                Net Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
10.12.12.1      1.1.1.1         52          0x80000002 0x0064A1

                Type-5 AS External Link States

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Tag
192.168.1.0     1.1.1.1         411         0x80000001 0x008929 0
192.168.3.0     1.1.1.1         46          0x80000001 0x00B817 0
192.168.13.0    1.1.1.1         411         0x80000001 0x0005A1 0

RIPからOSPFへ再配送 subnetsあり
図 RIPからOSPFへ再配送 subnetsあり

そして、RIPドメインのルート情報がR2までOSPFの外部ルートとしてアドバタイズされます。R2のルーティングテーブルは次のようになります。

R2

R2#show ip route
~省略~

Gateway of last resort is not set

O E1 192.168.13.0/24 [110/21] via 10.12.12.1, 00:08:03, FastEthernet0/0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C       10.12.12.0 is directly connected, FastEthernet0/0
C       10.1.1.0 is directly connected, Loopback0
O E1 192.168.1.0/24 [110/21] via 10.12.12.1, 00:08:03, FastEthernet0/0
     192.168.3.0/27 is subnetted, 1 subnets
O E1    192.168.3.0 [110/21] via 10.12.12.1, 00:02:02, FastEthernet0/0

メトリックタイプ1なのでコード「O E1」でルーティングテーブルに登録されています。そして、メトリックタイプ1にしているため、デフォルトのシードメトリック20からFa0/0のコスト1が加算されて21となっています。

Step10:通信確認

R1でRIPとOSPFの双方向再配送を正しく設定しているので、RIPドメインとOSPFドメイン間の通信ができるようになります。OSPFドメインのR2からRIPドメインのR3へPingすると、正常に応答が返ってくるようになります。

R2

R2#ping 192.168.1.3 source 10.1.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 10.1.1.2
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 40/41/44 ms
R2#ping 192.168.3.3 source 10.1.1.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.3.3, timeout is 2 seconds:
Packet sent with a source address of 10.1.1.2
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 32/40/48 ms

設定ファイル

関連記事

IPルーティング応用