Table of Contents

VRFとは

VRF(Virtual Routing & Forwarding instance)とは、ルータを仮想的に分割する技術です。主にMPLS-VPNを構成するPEルータで利用している技術です。なお、MPLSと関係なくルータを仮想的に分割することをVRF-Liteと呼んでいます。

VRFによって、ルータ内に新しく個別のルーティングコンテクストを持つVRFインスタンスを作成できます。ルーティングコンテクストとは、ルーティングテーブルやインタフェースをはじめとするルーティングに必要な一連の要素を意味しています。簡単に言えば、ルーティングテーブルとインタフェースと考えるとわかりやすいでしょう。

VRFを作成して、VRFにインタフェースを割り当てると独立したルーティングテーブルを持つ仮想的なルータとして扱うことができます。

図 VRFの概要
図 VRFの概要

VRFの用途

VRF同士は独立しているので、IPパケットのルーティングを分離することができます。これにより、レイヤ3レベルのVPNサービスを提供することができます。

以下の図は、レイヤ3のVPNサービスの概要です。

図 VRFによるレイヤ3VPNサービスの概要
図 VRFによるレイヤ3VPNサービスの概要

キャリアネットワークにA社とB社のそれぞれ2つずつの拠点が接続されています。VRFによって、A社とB社用に仮想的にルータを準備します。これにより、A社の拠点間およびB社の拠点間のみが通信可能とします。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

IPルーティング応用