ネットワーク構成

下記のネットワーク構成でR11とR21間でGREトンネルを設定して、R11とR21をポイントツーポイントで接続する設定例を考えます。

図 GREトンネルインタフェースの設定例
図 GREトンネルインタフェースの設定例

GREトンネルインタフェースを設定するためには、R11とR21間が通信可能な状態であることが前提です。

GREトンネルインタフェースの設定と確認

GREトンネルインタフェースの設定

R11とR21でトンネルインタフェースを作成します。インタフェース番号は何でもOKで、ここでは0とします。tunnel destinationとtunnel sourceコマンドで転送用のIPヘッダの宛先IPアドレス/送信元IPアドレスを指定します。R11とR12でお互いの認識があっていなければいけません。また、Tunnel0上でIPパケットを送受信するためには、IPアドレスが必要です。明示的にIPアドレスを設定する代わりにLoopback0のIPアドレスを使い回すように、ip unnumberedの設定をしています。

R11

interface Tunnel0
 ip unnumbered Loopback0
 tunnel source Ethernet0/0
 tunnel destination 100.2.2.21

R21

interface Tunnel0
 ip unnumbered Loopback0
 tunnel source Ethernet0/0
 tunnel destination 100.1.1.11

GREトンネルインタフェースの確認

show interface tunnel0コマンドでR11-R21間のトンネルインタフェースを確認します。R11でのshow interface tunnel0の出力は次のようになります。

R11

R11#show interfaces tunnel 0
Tunnel0 is up, line protocol is up
  Hardware is Tunnel
  Interface is unnumbered. Using address of Loopback0 (10.1.0.11)
  MTU 1514 bytes, BW 9 Kbit/sec, DLY 500000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation TUNNEL, loopback not set
  Keepalive not set
  Tunnel source 100.1.1.11 (Ethernet0/0), destination 100.2.2.21
  Tunnel protocol/transport GRE/IP
    Key disabled, sequencing disabled
    Checksumming of packets disabled
  Tunnel TTL 255
  Fast tunneling enabled
  Tunnel transmit bandwidth 8000 (kbps)
  Tunnel receive bandwidth 8000 (kbps)
~省略~