リンクステート型ルーティングプロトコルの特徴

ルーティングアルゴリズム

「リンクステート型」とは、ルーティングプロトコルのアルゴリズムの一種です。ルーティングアルゴリズムとは、簡単に言うと、「どんな情報」を「どのように交換するか」ということです。ルーティングアルゴリズムには、リンクステート型以外には、ディスタンスベクタ型などがあります。OSPFはリンクステート型の代表的なルーティングプロトコルであり、RIPはディスタンスベクタ型の代表的なルーティングプロトコルです。簡単にディスタンスベクタ型と比較しながら、リンクステート型の仕組みを解説します。

どんな情報を?

まず、「どんな情報」ということから。
ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルは、各ルータは自身が保持するルーティングテーブルのルート情報を交換します。一方、リンクステート型ルーティングプロトコルの各ルータはルーティングテーブルではなく、自身のリンク(インタフェース)の情報を交換します。このリンクの情報をLSA(Link State Advertisement)といいます。つまり、リンクステート型ルーティングプロトコルではネットワーク上の各ルータは、他のルータのリンクの情報をすべて保持することになります。他のルータのリンク情報と自身のリンク情報を集めたものをLSDB(Link State DataBase)といい、いわば、ネットワークの地図に相当します。
このLSDBからダイイクストラアルゴリズム(または、SPF(Shortest Path First)アルゴリズム)という計算によって、目的のネットワークまでの最適なルートを選択するのがリンクステート型ルーティングプロトコルの特徴です。

どのように?

そして、次に「どのように交換するか」について。
ディスタンスベクタは、定期的にお互いが持つルーティングテーブルの情報を交換します。RIPでは30秒毎にブロードキャスト、またはマルチキャストで送信します。これはネットワークが安定していて特に何も変更がない場合でも、定期的なルート情報の送信を行うことになります。
一方、リンクステート型は、ネットワーク上に何らかの変更があったときのみリンクステート情報を交換します。ネットワークが安定しているときは、Helloパケットというパケットを送信するだけです。つまり、ネットワークが安定して稼動しているときは、ディスタンスベクタ型に比べてリンクステート型は余計なトラフィックが流れないのです。

「図 リンクステート型ルーティングプロトコルの概要」にリンクステート型ルーティングプロトコルの動作の概要をまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA