show ip protocolsコマンドの見方(OSPF)

show ip protocolsコマンドの概要

show ip protocolsコマンドは、OSPF特有のコマンドではなくルータに設定されているルーティングプロトコルの一般的な情報を確認するために利用します。

2005/1/7に解説したOSPFの設定で使ったサンプルネットワークでの各ルータのshow ip protocolsのログを見て解説します。

「CiscoルータでのOSPF基本設定」

R1でのshow ip protocols

R1でのshow ip protocolsコマンドは次のようになります。

R1#show ip protocols
1. Routing Protocol is "ospf 1"
2.   Invalid after 0 seconds, hold down 0, flushed after 0
3.   Outgoing update filter list for all interfaces is
4.   Incoming update filter list for all interfaces is
5.   Routing for Networks:
6.     192.168.0.1/32 area 0
7.     192.168.12.0/30 area 0
8.   Routing Information Sources:
9.     Gateway         Distance      Last Update
10.    192.168.0.2          110      00:18:28
11.    192.168.0.3          110      00:18:28
12.  Distance: (default is 110)

※説明の都合上、行番号をつけています。

この中で重要な情報を確認します。3行目、4行目はディストリビュートリストの設定についての記述です。いまはディストリビュートリストが設定されていませんが、ディストリビュートリストが設定されていると、この部分にその情報が表示されます。

5行目の「Routing for Networks」から6行目、7行目の部分は、ルータコンフィグレーションモードで設定しているnetworkコマンドです。「192.168.0.1 0.0.0.0 area 0」とあるので、OSPFのコンフィグレーションモードの中で、network 192.168.0.1 0.0.0.0 area 0と設定されていることがわかります。同様に、network 192.168.12.0 0.0.0.3 area 0と設定されていることもわかります。

8行目の「Routing Informatin Sources」から11行目までは、このルータが受信したルーティングアップデートの送信元です。ディスタンスベクタ型ルーティングプロトコルの場合は、ここに出てくるIPアドレスがネイバーのIPアドレスで、ネクストホップアドレスになります。ですが、OSPFはリンクステート型ルーティングプロトコルです。この場合、LSAのアドバタイジングルータの情報がここに入ります。つまり、ルータIDが192.168.0.2、192.168.0.3のルータIDのルータのLSAを受け取っていることになります。

12行目の「Distance」はアドミニストレイティブディスタンスです。OSPFの場合は、デフォルトで110です。OSPFのコンフィグレーションモードにおいて、distanceコマンドを利用することで、アドミニストレイティブディスタンスを変更することができます。

R2、R3のshow ip protocolsコマンド

以下、R2、R3でもshow ip protocolsコマンドのサンプルを載せておきます。

R2のshow ip protocols

R2#sh ip protocols
Routing Protocol is "ospf 1"
Invalid after 0 seconds, hold down 0, flushed after 0
Outgoing update filter list for all interfaces is
Incoming update filter list for all interfaces is
Routing for Networks:
192.168.0.2 0.0.0.0 area 0
192.168.12.0 0.0.0.3 area 0
192.168.23.0 0.0.0.255 area 0
Routing Information Sources:
Gateway         Distance      Last Update
192.168.0.1          110      00:21:03
192.168.0.3          110      00:21:03
Distance: (default is 110)

R3のshow ip protocols

R3#show ip protocols
Routing Protocol is "ospf 1"
Invalid after 0 seconds, hold down 0, flushed after 0
Outgoing update filter list for all interfaces is
Incoming update filter list for all interfaces is
Routing for Networks:
192.168.0.3 0.0.0.0 area 0
192.168.23.0 0.0.0.255 area 0
Routing Information Sources:
Gateway         Distance      Last Update
192.168.0.1          110      00:22:04
192.168.0.2          110      00:22:04
Distance: (default is 110)

更にOSPFを究めるなら!Gene作成の『究めるOSPF』がお勧め!詳細はこちら↓
http://www.n-study.com/library/2005/11/ccnaccnpccieosp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA