どちらを使う?

リモートネットワークのルート情報をルーティングテーブルに登録するには、スタティックルートかルーティングプロトコルを利用するダイナミックルーティングの2通りあります。どちらが優れていて、必ずどちらかを使うわけではなく、状況に応じて組み合わせます。
ここでは、「どんな風に考えて設定するか」という観点で2つの方法について見てみましょう。

以下の簡単なネットワーク構成で、スタティックルートでの設定とルーティングプロトコルの設定について考えます。
R1、R2、R3の3台のルータで4つのネットワークを相互接続しているというとてもシンプルなネットワーク構成です。各ルータのインタフェースにIPアドレスを設定して、直接接続のルート情報が登録されている状態としています。

ネットワークの構成例

最終的にはR1、R2、R3のルーティングテーブルに192.168.1.0/24、192.168.12.0/24、192.168.23.0/24、192.168.3.0/24のすべてのルート情報がルーティングテーブルに登録されるようにしなければいけません。

スタティックルートの場合

スタティックルートを利用する場合、それぞれのルータにとってのリモートネットワークのルート情報をコマンド入力やGUIベースの設定で、管理者が手動でルーティングテーブルに登録します。そこで、まずは、各ルータのリモートネットワークをきちんと把握しておかなければいけません。つまり、スタティックルートの設定を行うためには、各ルータのルーティングテーブルの完成形がわかっていなければいけません。

各ルータのリモートネットワークと指定するべきネクストホップアドレスをまとめると、次の表のようになります。

ルータリモートネットワークネクストホップ
R1192.168.23.0/24192.168.12.2
192.168.3.0/24192.168.12.2
R2192.168.1.0/24192.168.12.1
192.168.3.0/24192.168.23.3
R3192.168.1.0/24192.168.23.2
192.168.12.0/24192.168.23.2

リモートネットワークを把握したら、各ルータで管理者がコマンドラインからコマンドを入力したり、GUIの設定画面でスタティックルートのパラメータの指定を行って、リモートネットワークの情報を手作業で登録します。

図 スタティックルートの設定例

この例のような小規模なネットワークであればそれほど設定の負荷は大きくありませんが、ルータの台数が増え、ネットワークの数も増えてくるとスタティックルートの設定は大変な作業です。

ルーティングプロトコル(RIP)の場合

ルーティングプロトコルの設定例を考えるにあたって、一番シンプルなRIPを利用するものとします。設定は、各ルータのすべてのインタフェースでRIPを有効化するだけです。特にリモートネットワークを洗い出して、ネクストホップを考えるような作業はいりません。設定するだけなら、各ルータのルーティングテーブルが最終的にどのようになるかを知らなくても大丈夫です。

ただし、ルーティングプロトコルを使うときにも、リモートネットワークとネクストホップを認識してルーティングテーブルの最終形をわかっておくことは重要です。そうでないと、出来上がったルーティングテーブルが正しいかどうか判断できません。ルーティングプロトコルを設定するときにリモートネットワークとそのネクストホップの情報は特にいらないという意味です。

RIP以外のルーティングプロトコルも基本的な設定は同じです。ルーティングプロトコルをすべてのインタフェースで有効化するという設定を行うだけです。ただ、BGPは例外です。BGPの設定はインタフェース単位ではありません。

RIPを有効化すると、各ルータはRIPのルート情報を送受信します。R1であれば、R2へ192.168.1.0/24のRIPルート情報を送信します。それを受信したR2はルーティングテーブルに192.168.1.0/24を登録します。また、R2からR3へ192.168.1.0/24と192.168.12.0/24のRIPルート情報を送信します。R3は受信したRIPルート情報をルーティングテーブルに追加します。

R3からはR2へ192.168.3.0/24のRIPルート情報を送信しています。R2はルーティングテーブルに192.168.3.0/24を追加します。また、R2からR1へ192.168.3.0/24と192.168.23.0/24のRIPルート情報を送信しています。すると、R1のルーティングテーブルに192.168.3.0/24と192.168.23.0/24が登録されます。

図 RIPの設定例

以上のように、各ルータで「すべてのインタフェースにおいてRIPを有効にする」という設定をすれば、あとはルータ同士がルート情報を交換して自動的にルーティングテーブルを作ってくれるようになります。

スタティックルートとルーティングプロトコルの設定のポイントスタティックルートを設定するときには、最終的なルーティングテーブルの状態がわかっていなければいけない。
一方、ルーティングプロトコルを設定するときには、それぞれのルータのインタフェースだけわかっていればいい

ルート情報の送信の意味

ルーティングプロトコルでネットワークのルート情報を送信することの意味についてもう少し補足します。ルート情報を送信することで、そのネットワークへのアクセス許可を与えていると考えることができます。

ルーティングプロトコルによって、ルート情報を送信することで以下のような動作になります。

  1. ルーティングプロトコルで他のルータにネットワークのルート情報を送信
  2. 他のルータのルーティングテーブルにルート情報が登録される
  3. そのネットワーク宛てのパケットをルーティング可能になる
図 ルート情報の送信の動作

以上のように、ルーティングプロトコルで、あるネットワークのルート情報を送信するので、そのネットワークへの通信が可能です。すなわち、ネットワークへのアクセス許可を与えています。もし、特定のネットワークへのアクセスを許可したくないのであれば、そのネットワークのルート情報を送信しなければよいです。特定のネットワークのルート情報を送信しないようにすることがルートフィルタリングです。