ゲートウェイ冗長化プロトコル

ホストが他のネットワークにパケットを送信するとき、まずデフォルトゲートウェイに転送します。デフォルトゲートウェイの冗長化/負荷分散を行うためのプロトコルとして、以下の3つがあります。

  • HSRP
  • VRRP
  • GLBP

これらのゲートウェイ冗長化プロトコルで利用するアドレス情報とカプセル化についてまとめます。

HSRP

【HSRPのアドレス情報】

仮想IPアドレス:設定で指定
仮想MACアドレス:00-00-0c-07-ac-[xx] xx:HSRPグループ番号

【HSRPのカプセル化】

IP/UDPでカプセル化

送信先IPアドレス:224.0.0.2
UDPポート番号:1985

図 HSRPのカプセル化
図 HSRPのカプセル化

HSRPの仕組みについて以下の記事で解説しています。


VRRP

【VRRPのアドレス情報】

仮想IPアドレス:設定で指定
仮想MACアドレス:00-00-5e-00-01-[xx] xx:VRRPグループ番号

【VRRPのカプセル化】

IPでカプセル化

送信先IPアドレス:224.0.0.18
プロトコル番号:112

図 VRRPのカプセル化

VRRPの仕組みについて以下の記事で解説しています。

GLBP

【GLBPのアドレス情報】

仮想IPアドレス:設定で指定
仮想MACアドレス:00-07-b4-00-XX-YY
XX:GLBPグループ番号、YY:MACアドレス番号

【GLBPカプセル化】

IP/UDPでカプセル化

送信先IPアドレス:224.0.0.102
UDPポート番号:3222

図 GLBPのカプセル化
図 GLBPのカプセル化

GLBPの仕組みについて以下の記事で解説しています。


関連記事

IPルーティングのキホン