RIPの設定手順

RIPの基本設定

RIPの基本的な設定手順は次の2つです。

  1. ルーティングプロセスの起動
  2. インタフェースでRIPを有効化

ルーティングプロセスを起動するには、グローバルコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

RIPルーティングプロセスの起動

(config)#router rip
(config-router)#

そして、インタフェースでRIPを有効化するにはRIPのコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

インタフェースでRIPを有効化

(config-router)#network <network-address>

<network-address> : クラスフルネットワークアドレス

RIPを有効にするのはインタフェースなのですが、インタフェースを指定するのではないことに注意が必要です。Ciscoルータでは、networkコマンドによって指定したネットワークアドレスに含まれる範囲のIPアドレスを持つインタフェースでRIPを有効化するという設定の考え方です。また、指定するネットワークアドレスはクラスフルネットワークアドレスです。サブネッティングされていたり、集約されているなどクラスレスアドレッシングの環境では、RIPを有効にするインタフェースを細かく指定ができない場合があります。

RIPを有効化したインタフェースは、次の動作を行います。

  • インタフェースでRIPパケットを送受信する
  • 有効化したインタフェースのネットワークアドレスをRIPルートとしてRIPデータベースに登録する

RIPを有効化したインタフェースから定期的にRIPパケットをブロードキャストまたはマルチキャストで送信します。そして、RIPパケットを受信します。RIPv2のマルチキャストパケットを受信するために、インタフェースは224.0.0.9のマルチキャストグループに参加します。

さらに、RIPを有効化したインタフェースのネットワークアドレスをRIPルートとして、他のルータにアドバタイズできるようにRIPデータベースに登録します。RIPでアドバタイズするルート情報は、ルーティングテーブルの中身ではなくRIPデータベースのルート情報です。RIPの設定例は、以下のとおりです。

図 RIPの設定
図 RIPの設定

「network 10.0.0.0」は「10」ではじまるIPアドレスを持つインタフェースでRIPを有効化するためのコマンドです。つまり、Fa0/1でRIPを有効化します。クラスフルでしか指定できません。「network 10.1.1.0」とコマンドを入力しても自動的に「network 10.0.0.0」に置き換えられます。そして、Fa0/1のネットワークアドレスの「10.1.1.0/24」をRIPデータベースに登録します。インタフェースから送信するRIPパケットに10.1.1.0/24のルート情報が含まれるようになります。

そして、「network 192.168.1.0」は「192.168.1」ではじまるIPアドレスのインタフェース、すなわち、Fa0/0でRIPを有効化するコマンドです。Fa0/0のネットワークアドレス「192.168.1.0/24」がRIPデータベースに登録されて、送信するRIPパケットのルート情報に192.168.1.0/24が含まれるようになります。

RIPバージョンの設定

RIPにはv1とv2があります。networkコマンドでRIPを有効化すると、そのインタフェースのデフォルトのRIPバージョンは、以下のようになります。

送信:v1
受信:v1/v2

送信するRIPパケットのバージョンがv1なので、デフォルトではv1で動作することになります。バージョンを変更するには、RIPのコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

RIPバージョンの設定

(config)#router rip
(config-router)#version 2

あえてRIPv1を利用するようなことはまずないので、この設定は必ず入れるものと考えてください。

自動集約の無効化

RIPはデフォルトでルート情報を自動集約してアドバタイズします。自動集約を無効化するには、RIPのコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

RIP自動集約の無効化

(config)#router rip
(config-router)#no auto-summary

自動集約を利用することもほとんどないでしょう。自動集約の無効化のno auto-summaryも入れるものと考えてください。


自動集約については、以下の記事で解説しています。


スプリットホライズンの無効化

スプリットホライズンを無効にするには、インタフェースコンフィグレーションモードで次のコマンドを利用します。

スプリットホライズンの無効化

(config)#interface <interface-name>
(config-if)#no ip split-horizon

<interface-name> : インタフェース名


スプリットホライズンについて、以下の記事で解説しています。


passive-interface

RIPパケットはRIPルータ間で送受信すればよいです。PCやサーバなどのホストにはRIPパケットを送信する必要はありません。RIPパケットを送信する必要がないインタフェースにはpassive-interfaceの指定を行います。

passive-interfaceの設定

(config)#router rip
(config-router)#passive-interface <interface>

<interface> : passive-interfaceにするインタフェース名

RIPタイマの変更

RIPのタイマの値をデフォルトから変更するには、RIPルーティングプロセスで次のコマンドを利用します。

RIPタイマの変更

(config)#router rip
(config-router)#timers basic <update> <invalid> <holddown> <flush>

<update> : Updateタイマ
<invalid> : Invalidタイマ
<holddown> : Hold downタイマ
<flush> : Flushタイマ

1台のルータだけでタイマを変更すると、他のルータのタイマの値と整合性が取れなくなってしまいます。関連するルータすべてでタイマを変更してください。


RIPタイマについて、以下の記事で解説しています。


RIPの確認

RIPの動作を確認するためのコマンドを以下の表にまとめています。

表 RIPのshowコマンド
showコマンド 概要
#show ip portocols RIPを有効化しているインタフェースやRIPタイマなどの情報を表示します。
#show ip rip database 送受信するRIPルート情報を表示します。
#show ip route rip ルーティングテーブル上のRIPルートのみを表示します。
#debug ip rip 送受信するRIPルート情報をリアルタイムに確認します。

関連記事

「ネットワークのおべんきょしませんか?」内の記事を検索

IPルーティングのキホン