スタティックルートのメリット

スタティックルートのメリットとして、次の点が挙げられます。

  • ルーティングプロトコルの知識が不要
    スタティックルートの設定自体はシンプルで、特別な知識は必要ありません。
  • ルーティングテーブルが意図せずに書き換わってしまう心配がほとんどない
    スタティックルートは管理者が明示的に設定するので、意図しないでルーティングテーブルが書き換わってしまうことはほとんどありません。
  • ルートを厳密に決められる
    目的のネットワークまでの複数のルートが存在している場合、スタティックルートを利用すれば管理者が意図したルートでIPパケットをルーティングすることができます。ルーティングプロトコルでも可能ですが、ルーティングプロトコルごとに追加の設定が必要です。
  • ルータやネットワークに負荷をかけない
    スタティックルートを設定してもルータは、追加の処理を行いません。またルート情報をネットワークに送信しません。そのため、ネットワークやルータに余分な負荷をかけずにすみます。

スタティックルートのデメリット

一方、スタティックルートのデメリットは次の通りです。

  • 管理者の負荷が大きい
    スタティックルートだけでルーティングテーブルにルート情報を登録するには、すべてのルータで、各ルータにとってのリモートネットワークのルート情報を設定しなければいけません。多くのルータで構成される大規模なネットワークでは、設定が煩雑になり管理者の負荷が非常に大きくなります。
  • ネットワーク構成の変更を自動的に反映できない
    新しいネットワークが追加されたり、障害発生などでネットワークの構成が変更しても、スタティックルートではルーティングテーブルを自動的に変更することができません。ネットワークを冗長化していたとしても、スタティックルートだと、障害に応じて自動的にルーティングテーブルを書き換えて経路を切り替えることが困難です。

スタティックルートの利用

スタティックルートを利用するのは、主に以下のような場合です。

  • 小規模なネットワークでルータやネットワークの数があまり多くない
  • 冗長化されていない
  • ネットワーク管理範囲の違いで共通したルーティングプロトコルを利用できない
図 スタティックルートを利用する場合