デフォルトゲートウェイとは その1

デフォルトゲートウェイとは

デフォルトゲートウェイとは、PCやサーバが他のネットワークのホストと通信するときに、最初にパケットを転送するルータやレイヤ3スイッチです。デフォルトゲートウェイは、PCやサーバから見て、他のネットワークへの入り口となります。あるいは、PCやサーバが直接接続されているネットワークからの出口と考えてもよいでしょう。

※「gateway」という単語の日本語訳は「入り口」です。

ルータやレイヤ3スイッチには、複数のネットワークを相互接続するために、複数のIPアドレスが設定されています。PCやサーバのデフォルトゲートウェイとして設定するべきIPアドレスは、PCやサーバと同じネットワーク上のIPアドレスです。たとえば、以下の図でPCに設定するべきデフォルトゲートウェイのIPアドレスは、PCと同一ネットワークのR1のFa0/0に設定されている192.168.1.1です。

default_gateway01.png
図 デフォルトゲートウェイの設定例

他のネットワーク宛てのパケットの送信

PCは、他のネットワークのホストへとパケットを送信するときには、まず、デフォルトゲートウェイへ転送します。そのために、デフォルトゲートウェイのIPアドレスに対するMACアドレスをARPによって解決します。たとえば、PCから192.168.100.100というIPアドレスのホストへパケットを送信するときの流れは、以下のようになります。

  1. 送信先IPアドレスはPCとは違うネットワークです。このとき、デフォルトゲートウェイのIPアドレス 192.168.1.1に対するARPリクエストを送信し、R1のMACアドレスを解決します。
  2. R1はARPに応答し、MACアドレスを返します。
  3. PCは送信先MACアドレスにR1のMACアドレスを指定して、イーサネットヘッダを付加して192.168.100.100宛てのパケットを送信します。
  4. R1が192.168.100.100宛てのパケットを受信し、ルーティングテーブルにした
    がってパケットをルーティングします。

default_gateway02.png
図 他のネットワークのホスト宛ての通信の例

Follow me!